西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • パートタイムの休業損害と後遺障害の申請について知りたくて来所された事例

パートタイムの休業損害と後遺障害の申請について知りたくて来所された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡市在住の私は、原付バイクで走行中、加害者の運転するタクシーと衝突しました。

 私が片道三車線のある道路のうち、第一レーンを走行していたら、加害者の運転するタクシーは第二レーンより車線変更をして来ました。

 どうやら、タクシーは歩道に客を見つけて急に車線変更をしたようです。

 私のバイクの右側後方に、タクシーの車体をぶつけられました。

 私は足払いをされたような状態でバイクごと、右側へ転倒しました。

 整形外科医院で、頚椎捻挫、腰椎捻挫、右殿部皮下血腫の傷害であると診断されました。

相談内容

 私は、3年前からパートをしており、パート中は立ちっぱなしになります。

 事故に遭ってから、長時間立つと痛みが増すようになったため、パートに行くことが出来なくなりました。

 そのため、休業損害を請求することが出来るかどうか相談したいと思うようになりました。

 また、現在通院中なのですが、相手方任意保険会社から治療の打ち切りを言われているので、そのことについても相談をしたいです。

 そして、治療終了後、後遺障害等級申請を行いたいのですが、必要書類や認定結果が出るまでの流れが分からないので、弁護士の先生にお伺いしたいです。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら