西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 今後の治療とパートの休業損害について弁護士に相談された事例

今後の治療とパートの休業損害について弁護士に相談された事例

事故状況・傷害の内容

 久留米市在住の私は、自動車に乗り、信号待ちをして停車していたところ、事故に遭いました。

 赤信号であるのにも関わらず、加害車両が後方から追突してきたのです。

 事故に遭ったその日のうちに病院へ行って診察をして貰ったところ、頭部打撲、胸腹部打撲傷、両股関節打撲傷と診断されました。

 また、近くの病院を紹介してもらい別の病院を受診したところ、頚部捻挫、左足関節挫傷、腰椎捻挫と診断されました。

相談内容

 車には友人が乗っておりました。

 その友人は以前にも事故に遭ったことがあるらしく、その時からお世話になっている弁護士がこちらに居るということでした。

 私も相談させて頂きたいと思い、事故から数日しか経っておりませんが友人と一緒にお邪魔させて頂きました。

 パートをしており、事故の怪我のため休む事になりそうですが、休んだ場合の賃金は貰えるのでしょうか

 私と夫のアルバイト代と年金で生活をしており、できるなら早く示談金等の入金をして貰えたらと思います。

 また、病院によって色々違う傷病名を言われたことから、今後どの様な治療をしていけば良いのか不安です。こちらについてもアドバイスを頂きたいです。

 どうぞ宜しくお願い致します。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用