西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 後遺障害の申請について、時期や必要書類、認定の見込み等を弁護士に相談された事例

後遺障害の申請について、時期や必要書類、認定の見込み等を弁護士に相談された事例

現在の状況

 福岡市に住んでいる私は、普通自動二輪車を運転して道路を直進していました。

 前方を走っていた普通乗用自動車の左後方を走行していたところ、相手の車が急に左折をしてきたため、巻き込まれて転倒するという事故に遭いました。

 事故現場近くの病院を受診したところ、最初の病院では右下腿打撲傷と診断されました。

 右下腿~足関節の疼痛が続くため、自宅近くの病院を受診したところ、骨折していることが分かり、右足関節内果骨折と診断され、ギプス固定して治療継続となりました。

 事故前は趣味のスポーツで走ったり足を動かしたりしていましたが、ギプスが取れた現在も、走ったりすると痛みが出るのでできなくなってしまいました。

ご相談内容

 治療開始から約6ヵ月が経ち、お医者さんからは、「そろそろ通院して半年になるので、相手方保険会社からから打切りの連絡が来る頃だと思う。今後は、後遺障害申請する時期になるのでは。」と言われました。

 素人の自分にはどうしていいか全くわからないため、後遺障害申請の時期や必要書類、認定見込の有無等について教えていただきたいです。

 また、相手の保険会社との示談交渉についても、弁護士に全てお任せしたいです。

 提示された賠償金の金額が適正かどうか、依頼してから示談終了までの流れを知りたいと思います。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用