西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 小学生のご息女が交通事故に遭い、後遺症が残った場合のサポート等すべて任せたいという事例

小学生の娘が交通事故に遭い、後遺症が残った場合のサポート等すべて任せたいという事例

【相談者】 7歳の女子児童 / 長崎県佐世保市在住 / 小学生
【傷病名】 脛腓骨骨幹部骨折
【相談されたいこと】 健康保険の利用について・後遺障害について・今後の交渉について

現在の状況

 佐世保市在住の7歳の娘が習い事を終え建物から出たところ、タクシーに轢かれるという交通事故に遭ってしまいました。

 すぐに救急搬送され、検査を受けたところ、脛腓骨骨幹部骨折と診断されました。

 そのまま入院することになり、事故から2週間たった今も退院のめどは立っていません

 事故状況については、7歳の娘ではうまく説明することができず、その場にいた大人がタクシーの運転手のみのため、詳しくわかっていません。

ご相談内容

 現在入院している病院へ支払う治療費について、相手の保険会社が払うかどうかも決まっていません。

 保険会社からは健康保険を使ってほしいという打診がありましたが、使ったほうがいいかどうかアドバイスをもらいたいです。

 また、夫が早めに退院させたいと言っており、私も娘のストレスを考えると早く家に連れて帰ってあげたいです。

 退院するときの注意点があれば教えてもらいたいです。

 医師からは成長度合いによっては後遺症が出てくるかもしれないと言われたので、将来後遺障害が残ってしまったときのサポートもお願いしたいです。

 自分の車の保険に弁護士費用特約がついており、娘の事故でも使えると言われたのでそれを使ってみようと思いました。

 スマートフォンで交通事故を相談できる弁護士を探していたところ、貴事務所のことを知りました。

 お力になっていただければと思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用