西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

併合10級の後遺障害を獲得し、訴訟にて2,000万円で和解が成立した事案

1.事故発生

 福岡県糸島市在住の50代男性の方が、原動機付自転車で前車に続き停止していたところ、急にバックしてきた前車に轢かれるという交通事故に遭い、両下肢の骨折や靱帯損傷等のけがを負いました。

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、事故後2年超を経過し、そろそろ症状固定という時期にありました。

 今後、後遺障害等級申請をするにあたって、専門家に依頼したいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 依頼者の負った怪我の範囲が広く、まずは自覚症状を全て把握することから始めました。

 その後、自覚症状と診断書や治療状況を照らし合わせていきました。

 依頼者としては、膝に力が入らない、膝が不安定という自覚症状を有していましたが、他覚的には靱帯再建術も受けており、原因がよく分からない状態でした。

 そのため、主治医と面談の機会を設けてもらい、膝の不安定性について主治医の意見を確認いたしました。

 結果として、足指の機能障害等を含めて併合10級に認定されましたが、膝の不安定性については他覚所見がないとして後遺障害の認定がなされませんでした。

 ただ、主治医の意見を確認できていたため、膝の不安定性も後遺症として含める形での示談交渉を進めました。

 結果として、示談はまとまらず、訴訟となりました。

4.当事務所が関与した結果

 10級の自賠責保険金(461万円)を除いて、依頼者が2,000万円を受け取る内容で示談が成立しました。

 和解にあたって、裁判所から和解案が示されましたが、膝の不安定性を考慮してもらえる形となり、通常10級の場合は、27%の労働能力喪失率となることが多いですが、これを30%で認めてもらうことが出来ました。

5.解決のポイント(所感)

 膝の不安定性については、たとえ後遺障害としての認定がとれないとしても、主治医とお話をさせてもらうことで、認定がとれない理由を裁判所に丁寧に説明することができ、結果として、裁判所に後遺症として認めてもらうことができたことがよかったです。

 訴訟前の相手方任意保険会社の提示額は800万円にも届かないものでしたので、大幅な金額アップとなったこともよかったです。

 賠償金は、依頼者の今後の生活を支える大切なものですので、きちんとした金額を勝ち取る必要があることを改めて実感いたしました。

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 対応が良かったため

 交通事故問題について、たいへん詳しくまたわかりやすい説明をHPでされており、ここなら相手方としっかりとした対応をしていただけると思ったため。

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 経過の連絡や、私からの問い合わせに速やかに対応していただけ、安心してお任せすることができました。

 先生方はじめ、スタッフのみなさま、ほんとうにありがとうございました。

お客様アンケート(交通事故)20141113こちらをクリック
2014.11.13掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用