西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

頚椎捻挫・腰椎捻挫・右肘挫傷により475万円の補償を受けた事案

1.事故発生

 福岡県在住の50代男性の方が、自動車停車中に、後方から追突されるという交通事故に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負いました。

2.相談・依頼のきっかけ

 車両は全損となっており、車両の買替請求が妥当か否か、人身損害についての適正な賠償額について知りたい、また、治療に専念するためにも以後の交渉も任せたいとのことで来所されました。

3.当事務所の活動

 車両損害については、相談時に対応方法をご説明しました。

 また、人身損害についても、とりあえず治療に専念する環境をということで、依頼をお受けし、以後の交渉を全てこちらで行うこととしました。

 治療期間中は、こちらで休業損害の内払交渉を行いつつ、依頼者の方にはリハビリに専念してもらうことができたと思います。

 その後、症状固定を迎えたものの、まだ頚部痛や腰部痛が残存しているとのことで、後遺障害の被害者請求を行いました。

4.当事務所が関与した結果

 被害者請求の結果、併合14級の認定を受けることができました。

 その後、直ちに示談交渉に入りましたが、相手方保険会社からは、入院治療の必要性・相当性、逸失利益の額などについて強く争われました。

 最終的に訴訟もやむなしかと考えていましたが、粘り強く交渉した結果、当方請求どおり、自賠責保険の金額を含み、475万円で示談することができました(休業損害の内払金除く)。

主な損害項目

 傷害慰謝料:113万円

 逸失利益:202万円

 後遺障害慰謝料:110万円

5.解決のポイント(所感)

 示談交渉では、相手方保険会社は顧問医の意見を根拠に、入院の必要性について強く争ってきました。

 また、逸失利益についても減収がないことを理由に強硬な態度で臨んできました。

 入院治療については、被害者の方が好き好んで入院していたわけでもなく、当時の症状からすれば入院するしかない状態でした。

 示談交渉に時間が掛かってしまいましたが、最終的にはこちらの請求どおりの金額で示談することができました。

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 インターネット

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 被害者の立場に理解があり、とても心強く感じました。
 相談して良かったと思いました。
 治療に専念できて心労が無いのが救われたと思います。

お客様アンケート(交通事故)20140515
こちらをクリック

2014.5.15掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用