西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

受任後わずか1日で裁判基準満額(夫婦合計約740万円)の補償を受けた事例

【相談者】 男性(50代) / 行橋市在住 / 職業:会社員
女性(50代) / 行橋市在住 / 職業:兼業主婦
【傷病名】 男性・女性ともに頚椎捻挫
【活動のポイント】 示談交渉
【後遺障害等級】 男性・女性ともに14級9号(事前認定)
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得、受任後わずか1日のスピード解決

主な損害項目 合計
傷害慰謝料 119万円(裁判基準 119万円(裁判基準) 238万円
逸失利益 166万円(裁判基準)※1 115万円(裁判基準)※2 281万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準) 110万円(裁判基準) 220万円
合計額 395万円 344万円 739万円

※1・2労働能力喪失期間:5年・労働能力喪失率:5%

※合計額は治療費を除く

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 50代の行橋市在住のご夫婦が自動車で直進中、対向車のタイヤが突然外れ、そのまま中央線を越えて衝突してくるという交通事故に遭い、頸椎捻挫等の怪我を負われました。

 事故後約1年治療を継続したものの痛みが残存するため、後遺障害の認定手続きを行い、ご夫婦ともに14級9号に認定されたという連絡が相手の保険会社から入りました。

 今後の示談交渉について弁護士に依頼したいということで、電話相談をされました。

当事務所の活動

 ご相談いただいた日の翌週に相手方と会う約束をしているという話を伺ったため、「弁護士に依頼することにしたので、お会いすることはできない」と、ご本人から相手方保険会社へお断りのご連絡をしていただきました。

 その直後から当事務所へ相手方保険会社から連絡が入り始めましたが、まだ委任状を受領しておらず、正式な受任でないのでお答えしかねる、という回答をしていたところ、先に事故に関する書類を送るので確認だけしていてほしいと言われ、相手方の焦りを感じました。

 このため、事前に損害額を計算しておき、ご本人様方より委任状を受け取ったあと、すぐに示談交渉を始めました。

当事務所が関与した結果

 通常、保険会社の算定基準による慰謝料等の金額を提示され、増額交渉を重ねるためにある程度時間がかかることが多いです。

 しかし、本件では損害賠償請求を行った翌日に、相手方から当方請求を全て認めるとの回答を受けました

 このため、受任後1日でご夫婦合わせて約740万円を獲得するというスピード解決をすることができました。

弁護士 櫻井正弘の所感(解決のポイント)

弁護士櫻井正弘

 2月~3月は保険会社の決算時期であり、終了しそうな案件を早めに終結させたいという保険会社側の意向が出る時期です。

 このため、当方の請求に応じる保険会社が増えるのですが、本件ほど速やかに解決した経験はありませんでした。

 事故から時間が経過しており、保険会社としても年度末までに終わらせたいという焦りを把握し、上手く交渉できたのが成功の理由かと思います。

お客様の声

お客様の声

2018.7.20掲載

おすすめコンテンツ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら