西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

人身損害について過失ゼロで示談でき、交渉後1週間で解決した事例

【相談者】 男性(40代) / 福岡県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫、両膝関節打撲、左下腿打撲
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償金額獲得、人身につき過失ゼロで示談

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 82万円
休業損害 18万円
過失 0%(人身損害について)
最終支払額 101万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の福岡県在住の男性が信号のない片側1車線の道路を直進中、対向車線が脇道へ右折しようしたところ衝突する交通事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫、両膝関節打撲、左下腿打撲の怪我を負わされました。

 事故後、保険会社より治療費も支払っていただいていましたが、過失割合や物損のことも合わせて相談したいとのご希望で、ご相談・ご依頼を受けました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのは、事故直後で、ご本人様が今後の対応をどうしたらいいか分からないので教えて欲しいとのことでした。

 事故直後の受任でしたので、治療中のアドバイス・通院交通費等の費用や傷害部分の慰謝料請求を受任し、サポートさせていただきました。

 当事務所へご相談いただいてから半年ほど治療を行った後、相手方との示談交渉へと移りました。

当事務所が関与した結果

 治療期間中に物的損害(車両修理費用)を先に解決したいということで、物的損害の示談交渉を行いました。

 過失割合は事故状況によって決まるのですが、事故状況によると依頼者にも1~2割程度過失が出てしまう事故状況でした。

 相手保険会社にもその点を指摘され、物的損害については早期に解決したいという依頼者の希望もありましたので、物的損害については1:9の過失割合で示談しました。

 その後治療が終了し、人身損害についての示談交渉を開始しました。

 慰謝料や休業損害などの争点がありましたが、これらについてはほぼこちらの請求額通りの賠償を受けることができました

 また、過失割合については、相手保険会社の物損担当と人身担当が違ったためか、人身担当者からはこちらの過失を指摘されず、人身損害については過失0で示談することができました。

弁護士 向井 智絵の所感(解決のポイント)

弁護士向井智絵

 治療期間中に物的損害を先に解決する事例は多くありますが、事故状況から判断してこちらにも過失が認定されそうな場合には、物的損害の示談の際に過失割合の交渉をします。

 そして、物的損害の示談の際に決まった過失割合は人身損害の示談の際にもそのまま流用されることがほとんどです。

 今回も当方としては、人身損害の示談交渉においても過失が認定されてしまうことを想定していたのですが、相手保険会社担当者からはこちらの過失を指摘されませんでした。

 物損担当者と異なる担当者でしたので、担当者間の情報伝達が上手くいっていなかった可能性はありますが、人身損害について過失0で解決することができました。

 一般的には物的損害と人身損害で過失割合は同じことがほとんどですので、先に物的損害を解決するときには安易に納得できない過失割合で示談するのは注意が必要ですが、今回のような例もあります。

 慰謝料や休業損害についても相手保険会社と交渉してこちらの請求額どおりの認定になりましたし、請求後約1週間で解決することができ早期解決もでき、依頼者に満足していただける結果を残すことができました。

お客様の声

20170714

2017.7.14掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用