西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 保険会社との交渉で治療期間の延長が認められ、適切な金額が補償された事例

保険会社との交渉で治療期間の延長が認められ、適切な金額が補償された事例

【相談者】 男性(20代) / 福岡県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、左肩関節捻挫
【活動のポイント】 治療期間の延長、示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償金額獲得

主な損害項目 サポート前 サポート後
傷害慰謝料 34万円(裁判基準の約69% 68万円(裁判基準の約95.4%)
過失 10% 10%
合計額 28万円 58万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 20代の福岡県在住の男性が片側三車線の道路の左車線を走行中、右側から車線変更してきた加害者運転の自動車と衝突する交通事故に遭い、頚椎捻挫、左肩関節捻挫の怪我を負わされました。

 事故後、保険会社より治療費は支払っていただいていましたが、治療の打ち切りを言われていました。

 まだ痛みがあるので、もう少しだけでも通院したい・適切な金額で示談がしたいとのご希望で、ご相談・ご依頼を受けました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのは、事故発生から約3ヵ月が経過したころでした。

 ご本人様が、痛みが残っているのでもう少し通院したいとご希望されたので、受任後すぐ相手方保険会社と治療期間の延長の交渉をし、さらに1ヵ月の通院を認めてもらいました

 治療終了後、慰謝料増額を重点的に交渉しました。

当事務所が関与した結果

 保険会社との交渉の結果、裁判をすることなく裁判基準の約95%の慰謝料を補償するという内容で示談することができました。

 最終的に、相手方の初回の提示額から、約30万円増額することで解決に至りました。

弁護士 澤戸 博樹の所感(解決のポイント)

弁護士澤戸博樹

 ご本人様のお仕事が体を動かすことが多いものだったため、頚部等の痛みがぶり返しやすい状態で、治療の継続が望まれる案件でした。

 ご本人様が相手方保険会社に伝えきれていなかった症状や仕事等に対する支障の内容を詳しく聞き取り、それを相手方保険会社に対して丁寧かつ具体的に説明したことが、治療延長の結果につながったと思います。

 結果として、裁判をせずに裁判基準に近い金額で解決でき、良かったです。

お客様の声

お客様の声20170907

2017.9.7掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用