西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

過失割合が争点になっている案件の実況見分調書の作成に立ち会いました

交通事故イメージ

 江藤です。

 先日、過失割合が争点となっている案件に関して、実況見分調書の作成に立ち会いました。

 実況見分調書とは、警察が事故後に作成する当事者の言い分や事故状況などを記録した書面です。

 いわゆる現場検証時に作成されることが多い書面でもあります。

 過失割合を争うための弁護士の活動については過去にご紹介させていただきましたが、この中でも実況見分調書の証拠価値は高いです。

 例えば、以前、当方依頼者の車が停車していたか否かが争点となっていた案件で、実況見分調書を取り寄せたところ、当方依頼者の車が停車していたとの記載があり、一気に解決したことがありました。

 逆にいえば、事実と異なった実況見分調書が作成されてしまえば、弁護士といえども実況見分調書に記載された事実を覆すことは簡単ではありません

 今回の案件は、駐車場内での車の停車の有無が争点(当方は当方車が停車していたところに相手方がぶつかってきたと主張、相手方は当方車が停車しておらず、衝突後に停車したと主張)の案件でしたが、ドライブレコーダー等の客観的証拠が乏しいことから、実況見分調書の作成が極めて重要な案件でした。

 そこで、現地調査を兼ねて、実況見分調書の作成に立ち会いました。

 立ち会いでは、当方依頼者がブレーキを掛けた地点や停車した地点等、依頼者の認識したとおりの事実が実況見分に正確に記載されるよう、サポートいたしました。

 そこで、現地調査を兼ねて、実況見分調書の作成に立ち会いました。

 その結果、依頼者の認識した事実通りの実況見分調書を作成することができ、調書をもとに本件を適正な過失割合で解決することができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用