西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 医師作成の後遺障害診断書をそのまま保険会社に提出すべきかを相談された事例

医師作成の後遺障害診断書をそのまま保険会社に提出すべきか

【相談者】 福岡市在住 / 20代男性(大学生)
【傷病名】 左鎖骨骨幹部骨折
【相談されたいこと】 後遺障害申請について

鎖骨変形の解決事例  関連ページ 

現在の状況

 私が信号のない交差点を自転車で横断していたところ、広い道路を直進していた車に衝突されるという交通事故に遭ってしまいました。

 事故当日に病院で検査を受けたところ、左鎖骨骨幹部骨折と診断されました。

 1年3か月ほどリハビリを続け、医師から症状固定だと言われました。

 鎖骨が変形してくっついており、鏡で見たときに気になります

 また、リュックを背負ったりすると骨折したところが痛みます>

ご相談内容

 先月症状固定になって、医師に後遺障害診断書を書いてもらいました。

 このまま保険会社へ提出していいのか不安なので、内容を見てもらいたいです。

 相手の保険会社から自分の過失が50%あると言われ、自分の自転車や相手の車の修理費はそれぞれ自己負担になりました。

 怪我のほうの示談交渉も、保険会社に言われるままに進んでしまいそうなので、交通事故のプロである弁護士にお願いしたいです。

 実家の父が弁護費用特約に加入しており、私も使うことができるそうなので、すべておまかせしたいと思っています。

 お力になっていただければと思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

鎖骨変形の後遺障害が認められた解決事例(一部)

後遺障害に関する関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用