西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

治療費の打ち切り後の治療についてや今後の流れについて相談された事例

相談者情報

【相談者】 30代男性(専門職)/福岡市在住
【傷病名】 頚椎捻挫・腰椎捻挫
【相談されたいこと】 後遺障害申請について・弁護士費用について

首の後遺障害の解決事例一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

現在の状況

 福岡市に住んでいる私は、普通乗用自動車に乗って片側一車線の道路において道路右側の店舗の駐車場に入ろうと思い、対向車をやり過ごすために停車していました。

 すると、後方から進行してきた相手方車両に追突されるという交通事故に遭ってしまいました。

 事故当日に整形外科を受診し、頚椎捻挫・腰椎捻挫と診断され、外用薬・内服薬を処方してもらいましたが、左上肢の重だるさ・しびれ等が残っています。

 なお、追突された車は全損となってしまいました。

ご相談内容

 事故後、通院加療を続けていましたが、最近になって相手方保険会社より治療費打切りの連絡がありました。

 今もまだ痛みが残っているので治療を続けたいとは思っているのですが、打切りの話を受け入れたほうがよいのでしょうか?

 その場合、打切り後の治療や示談までの今後の流れについて知りたいです。

 また、もしこのまま治療しても症状が完治しない場合、後遺障害の申請をしたいと思っているのですが、必要な書類や手続がよくわからず、また、後遺障害の認定がなされた場合、慰謝料等の賠償金にどのくらい影響するのかについても詳しく知りたいです。

 私の保険に弁護士費用特約がついています。

 この特約を使用してご依頼したいのですが、その場合でも費用が発生するのか等についても教えていただきたいです。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用