福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • 福岡交通事故被害者相談TOP>
  • 自転車で青信号の横断歩道を横断中に車に衝突され、今後の治療や後遺障害申請について相談された事例
被害者 60代/男性/福岡市在住
傷病名 右眼窩骨折、顔面打撲、頭部打撲、右眼瞼裂創、右頬部擦過創、顔面皮下出血
相談されたいこと 今後の治療について・後遺障害について

現在の状況

相談風景

福岡市に住む私は、自転車に乗って青信号で横断歩道を横断中、右折してきた対向車に衝突される交通事故に遭いました。

事故の衝撃がとても強く、自転車ごと転倒し顔面を強打し、自転車もゆがんでしまいました。

また、メガネ等の身につけていたものもたくさん壊れてしまいました。

そのまま救急搬送され、右眼窩骨折、顔面打撲、頭部打撲、右眼瞼裂創、右頬部擦過創、顔面皮下出血と診断され、別の病院へ転院・入院予定となりました。

右眼周辺は大きく腫れてしまい、二重に見えてしまいます。痛みや痺れも出ている状況です。

ご相談内容

警察からはこちらに過失ないと言われましたが、過失割合について詳細にお聞きしたいと思います。

こちらの過失を言われる可能性があるのか教えていただきたいです。

事故にあって間もないので、今後の治療についてアドバイスをいただきたいです。

治療終了後の後遺障害申請についても相談したいです。

後遺障害の等級や申請から認定までの流れ、その後の示談交渉等全般をお願いしたいと思います。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用