西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 高次脳機能障害等で後遺障害併合8級の認定を受け約5,000万円で和解が成立した事案

高次脳機能障害等で後遺障害併合8級の認定を受け約5,000万円で和解が成立した事案

1.事故発生

 福岡市在住の20代男性が、交差点を原動機付自転車で直進通過しようとしたところ、右方から一時停止せずに交差点に進入してきた自動二輪車と衝突し、脳室内出血左上腕骨骨幹部骨折等の怪我を負われました。

2.相談・依頼のきっかけ

 事故以降、入院・通院加療を続けてきたが、症状固定となったため、後遺障害の申請をしたいとのことでご相談に来られました。

3.当事務所の活動

 後遺障害の申請にあたって、高次脳機能障害の有無と程度を調査することから始めました。

 診断書やカルテの取り付け、被害者のご家族からの聞き取りを行うとともに、被害者の方が職場復帰をされていたことから、職場における事故前後の変化について、職場の同僚の方からも聞き取りを行いました。

 これらを証拠として取りまとめ、後遺障害の申請手続きを行いました。

4.当事務所が関与した結果

 後遺障害の申請の結果、高次脳機能障害として9級、上腕骨骨折後の変形障害として12級(これらを併合して8級)の認定を受けました。

 その後、相手方と示談交渉を開始しましたが、被害者の方が職場復帰していたことや上腕骨の変形障害は労働能力に影響を与えない等の理由で、逸失利益などの点で折り合いがつかず、裁判をすることとなりました。

 裁判の結果、ほぼ当方の主張が受け入れられ、以下のとおり和解が成立しました。

主な損害項目

休業損害 206万円 
入通院慰謝料  255万円 
逸失利益  3,845万円  平均賃金×45%×67歳まで)
後遺障害慰謝料   830万円 
過失  10% 
弁護士費用等  430万円 
受取額(自賠含む)  約5,000万円 

5.弁護士 桑原 淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 主に、逸失利益の点が争点となりましたが、職場復帰できているとしても、事故前と同じように働けているわけではありません。

 そのため、裁判では将来不利益が生じる可能性があることや、上腕骨の変形障害についても、痛みや肩関節の若干の可動域制限もあり、労働能力に影響があることを主張しました。

 結果として、後遺障害8級の目安である45%の労働能力喪失率を認めてもらうことができ、よかったです。

6.お客様の声

お客様アンケート(交通事故)20160115

2016.1.15掲載

高次脳機能障害を弁護士に相談

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用