西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

高次脳機能障害で将来介護費等が認められ1億4,000万円の補償を受けた事案

【相談者】 男性(当時60代) / 福岡県在住 / 職業:無職
【傷病名】 急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血及び脳挫傷、高次脳機能障害等
【後遺障害等級】 1級1号
【活動のポイント】 後遺障害被害者請求、訴訟、和解
【サポート結果】 1級1号認定獲得、和解成立

主な損害項目 金額 主な損害項目 金額
付添費 204万円 付添交通費 354万円
傷害慰謝料 400万円 後遺障害慰謝料 2,800万円
将来介護費 5,407万円 将来介護雑費 568万円
介護福祉機器購入費 69万円 家屋改造費 1,259万円
成年後見人の報酬相当額 373万円 親族固有の慰謝料 800万円
弁護士費用・遅損金 1,800万円    
最終支払額 1億4,000万円

1.相談・依頼のきっかけ

相談風景

 60代の太宰府市在住の男性が、交差点の横断歩道上を青信号に従い横断していたところ、加害車の運転する車が同交差点を右折進行して男性に衝突するという事故に遭い、意識不明の重体となりました。

 医師より、男性は、著明な回復は見込めず、重大な後遺症が残るだろうと言われていました。

 男性のご家族の方が今後の治療や後遺障害申請、賠償基準等について相談をしたいということで、事務所にいらっしゃいました。

2.当事務所の活動

 当事務所では、治療期間中からご依頼をお受けし、ご家族の付添い費用についての内払い交渉や今後の補償を見据えた証拠の整理などを行いました。

 また、加害者は正式起訴され、被害者ご家族としては、刑事裁判へ被害者参加したいとの意向でしたので、被害者代理人として、刑事裁判へ参加し、心情に関する意見陳述、被告人質問、被害者論告なども行いました

 その後、被害者は症状固定となり、後遺障害としては1級の認定がなされました。

3.当事務所が関与した結果

 等級認定後、保険会社と示談交渉を行いましたが、総額として自賠責保険金を含み5,700万円との示談提示であり、将来介護費や自宅改造費について金額が折り合わず、訴訟提起することとなりました。

 裁判でも将来介護費や自宅改造費が大きな争点となりましたが、最終的に、将来介護費は日額1万7,000円自宅改造費も一定額を認めるとの裁判所からの和解勧告がなされ、和解が成立しました。

4.弁護士 桑原淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 事故後間もなくからご依頼を受け、最終的に裁判が終わるまで約3年半の時間が経ちました。

 被害者本人はもちろん、ご家族の皆様も大変な思いをしてこられたことと思います。

 また、これからも被害者とご家族には長い介護生活が待っています。

 「せめて、適正な補償を!」

 この思いを胸に、被害者、そしてご家族の方と二人三脚で闘った結果、今回の解決に至ったものです。

高次脳機能障害を弁護士に相談

お客様の声と実際に頂いたメール

お客様の声 お客様から頂いたメール

※クリックすると拡大します

高次脳機能障害等の頭部外傷でお悩みの方、そのご家族様へ

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら