西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例

【相談者】 男性(当時80代) /長崎県在住 / 職業:無職
【傷病名】 マルゲーヌ骨折、下顎骨骨折、左頬骨骨折、骨盤骨折、脳室内出血
外傷性大動脈解離、高次脳機能障害等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・裁判
【後遺障害等級】 1級1号
【サポート結果】 適切な後遺障害等級の認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 300万円
入院雑費 40万円
付添費 97万円
後遺障害慰謝料 2,800万円
介護費・介護雑費 2,000万円
成年後見人報酬 230万円
近親者慰謝料 450万円
過失 10%
合計額 約5,790万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 当時80代の長崎県在住の男性が、自転車にて信号のない交差点の横断歩道を横断していたところ、交差点を直進してきた相手方車両と衝突しました。

 被害者は、ドクターヘリにて救急搬送され、マルゲーヌ骨折、下顎骨骨折、左頬骨骨折等と診断され、そのまま手術・入院となりました。

 被害者は治療中でしたが、今後の後遺障害の被害者請求や相手方保険会社との対応等をお願いしたいとのことでご家族の方がご相談・ご依頼に来られました。

当事務所の活動

カルテ確認

 まず、これまでの治療経過を把握するため、診断書等の必要書類を取り寄せ、治療経過と症状の確認を行いました。

 受任後すぐに後遺障害の被害者請求の準備を進め、骨盤骨折、下顎骨骨折、顔面骨折、頭部外傷等で1級1号との認定結果となりました。

 その後、後見人の選任申立てを行い、損害賠償額を算定し、相手方との示談交渉を開始いたしました。

当事務所が関与した結果

 示談交渉の結果、相手方からの最終回答額はおよそ3,700万円の提示でしたが、妥当な金額とは思われなかったことから、訴訟提起することとなりました。

 訴訟においては、事故状況(過失割合)や症状固定時期などが争われ、また、相手の保険会社からは、被害者が高齢であったため、被害者に残存した後遺症については、事故とは関係のない認知症の影響もあるとして素因減額の主張もなされました。

 特に、認知症の影響があるという点については、医療記録を基に丹念に反論していきました。

 双方の主張立証が終わった段階で、裁判所から和解案の提示があり、認知症の影響はなかったという前提で、素因減額はせず、総額約5790万円での和解案が提示され、双方とも和解を受諾し、和解成立となりました。

弁護士 桑原淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 被害者は、本件事故前、健康で、農作業を行うなどもしていました。

 しかし、事故による頭部外傷やマルゲーヌ骨折による長期入院の影響もあり、事故後からは誰かの介護がなければ生活が維持できない状態でした。

 裁判では、高齢による認知症の影響もあるとの主張が保険会社側からなされましたが、事故前の生活状況や医療記録などによりこの点をしっかりと反論できたことが今回の解決につながったと思います。

2018.2.16掲載

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら