西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

他の法律事務所から賠償金の増額は難しいと言われた方が、529万円増額できた事例

【相談者】 70代女性 / 大牟田市在住 / パート
【傷病名】 慢性硬膜下血腫、左第7肋骨骨折、左腓骨近位骨幹部骨折、
右下腿打撲、右手背部打撲・擦過傷等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【後遺障害等級】 12級相当
【サポート結果】 後遺障害認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 事前提示 交渉後 増加額
傷害慰謝料 139万円 200万円 61万円
逸失利益 0円 260万円※1 260万円
後遺障害慰謝料 0円 290万円※2 290万円
休業損害 56万円 64万円 8万円
最終支払額 267万円 796万円※3 529万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 大牟田市在住の70代の女性が信号機による交通整理がなされていない道路を原動機付自転車で直進中、左側の道路から出てきた自動車に衝突されるという事故に遭いました。

 事故現場から救急車で搬送され、慢性硬膜下血腫、左第7肋骨骨折、左腓骨近位骨幹部骨折、右下腿打撲、右手背部打撲・擦過傷等の怪我を負いました。

 被害者の甥で保険会社との交渉の窓口となっていた男性から、相手方保険会社より示談金提示書面が届いたが、金額が妥当かどうかを相談したい、ということで当事務所へご来所されました。

 増額の見込みが高いということで、そのままご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 まずは、相手方保険会社より資料一式を取り寄せ、治療経過を把握するとともに、現在被害者に残っている症状等につき、詳細に聞き取りを行いました。

 聞き取りの結果、残存している症状について後遺障害の認定が下りる可能性が高いと判断したため、後遺障害の申請を行うことにしました。

 ご依頼いただく前の時点で、相手保険会社から後遺障害の申請に関する説明はされていなかったとのことでした。

 被害者と甥の男性にご協力いただき、後遺障害申請のために必要な書類を準備して、後遺障害の申請を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、左下腿の瘢痕及び左下腿痛について、後遺障害12級相当の認定を獲得することができました。

 ご依頼いただく前の提示書面は、後遺障害は残存していないものとして金額が算定されていましたが、後遺障害の認定を受けることができたことで賠償額が大幅に増額し、最終的に約529万円の増額に成功しました。

 また、後遺障害12級が認定されたことで、別途、被害者が加入していた任意保険からも保険金が150万円支払われました。

 弁護士費用特約にご加入されていなかったため弁護士費用の負担も懸念されていましたが、弁護士費用を控除しても受取額を大幅に増額することができました。

弁護士向井智絵の所感(解決のポイント)

弁護士向井智絵

 ご相談にご来所いただいたのは、事故から約1年経過し、保険会社から賠償額の提示がなされた時点でした。

 内容を確認したところ慰謝料はいわゆる弁護士基準額よりも大幅に低い金額となっており、何よりも後遺障害の申請を行っていなかったため、今回の事故に対する賠償として適切な内容とは言えませんでした

 そこで、まずは後遺障害の認定を受けるところからサポートさせていただき、12級の認定を受けることができました。

 また、被害者は高齢であったものの事故前にパート勤務をしていましたが、事故後に休業が長期に及んだこと及び事故前同様に自由に動くことができなくなってしまったことが原因で退職を余儀なくされていました。

 後遺障害の認定を受けたことで、将来の収入補償としての約260万円の賠償を受けることができました。

 加えて、慰謝料等も増額の交渉を行い、総額で、受任前の提示額から約529万円も増額することができました。

 高齢の被害者に代わり窓口となって対応いただいた甥の男性は、幼いころから被害者の女性にとてもお世話になっていたようで、少しでも力になりたいという強い思いをもっていました。

 ご依頼いただき、当方が関与したことで適切な賠償を受けることができ、被害者はもちろんのこと甥の男性のお気持ちに応えることができたようで、大変嬉しく思います。

お客様の声

お客様アンケート20181116

2018.11.16掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用