福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

むちうち等の怪我を負った女性が、ご依頼から約1か月で100万円増額して示談解決した事例

被害者 30代女性 / 福岡市在住 / 会社員
傷病名 外傷性頚部症候群、右肩鎖関節損傷、腰椎捻挫、胸椎捻挫
活動のポイント 示談交渉
後遺障害等級 14級9号(事前認定)
サポート結果 適切な賠償金獲得

主な損害項目 ご依頼前 ご依頼後 増加額
傷害慰謝料 約92万円 約127万円 約35万円
逸失利益 約27万円 約43万円 約16万円
後遺障害慰謝料td>

50万円 99万円 49万円
合計 約170万円 約270万円 約100万円

相談・依頼のきっかけ

弁護士向井

福岡市在住の30代の女性が、建物から道路へ出たところ、右側から直進してきた自動車に衝突され転倒するという事故に遭いました。

事故により、被害者の女性は、外傷性頚部症候群、右肩鎖関節損傷、腰椎捻挫、胸椎捻挫等の怪我を負いました。

事故から1年3か月ほど治療を続けたあと症状固定となり、後遺障害の申請をしたところ、頚部受傷後の頚部痛・右上肢しびれの症状、胸椎捻挫後の背部痛の症状、腰椎捻挫後の腰痛の症状、右肩受傷後の右肩痛、頭部受傷後の頭痛について、それぞれ自賠法施行令別表第二14級9号と認定されました。

その後、相手方保険会社から慰謝料等についての提示があり、その金額が妥当かどうか相談したいということでご相談いただきました。

提示金額を確認したところ、本来受け取るべき金額よりも低い金額で提案されていたため、ご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

ご依頼いただく前に後遺障害認定を受けていたため、まずはその認定の妥当性や、相手方保険会社が提示する金額を算定した根拠について確認することにしました。

相手方保険会社から資料一式を取り寄せ、内容を精査しました。

後遺障害等級については適切な認定が得られていると思われたため、相手方保険会社とその等級を前提とした示談交渉を開始することになりました。

集めた資料をもとに損害額を計算し直し、また、相手方保険会社が補償内容に含めていなかった損害についても請求するため、被害者の方から資料を取り寄せ、追加で請求を行いました。

当事務所が関与した結果

示談交渉においては、入院治療が必要なほどの怪我を負っていたことや、体の5箇所に同時に14級の認定を受けていることから、今回の事案は14級認定事案の中でも重傷な部類に属するということを主張しました。

その結果、主に慰謝料と逸失利益について大幅に増額することができ、ご依頼から約1か月という短期間で100万円を増額して示談で解決することができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士向井

既に治療が終了し相手保険会社から示談額の提示が届いている状況でした。

金額を確認させていただいたところ、弁護士が介入した場合に認められる賠償額よりもかなり低い金額での提示となってしまっていました

ご依頼いただきすぐに示談交渉を行った結果、提示額よりも約100万円増額することができ、解決までに要する期間も1か月程度でした。

加えて、今回は弁護士費用特約を利用することができ、弁護士費用は全て保険会社から支払ってもらうことができたので、増額した額を全額受領していただくことができました

交通事故の被害者に弁護士がついていない場合には、今回のように相手保険会社から提示される賠償額はかなり低くなってしまっていることが多いです。

一度示談をしてしまうとその後に弁護士が介入することはできなくなってしまいますので、その前に是非弁護士にご相談ください。

2022.12.16掲載

関連ページ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

弁護士向井

監修者弁護士 向井智絵

鹿児島県鹿児島市出身。

後遺障害等級認定サポートや示談交渉など、交通事故の被害者に寄り添った対応を心がけています。お気軽にご相談ください。

  • 電話で問合せ
  • メールで問合せ
  • LINEで問合せ

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用