西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

物損事故から人身事故に切替え、約55万円の補償を受けた事案(認定なし)


1.事故発生

 
 福岡県在住の30代男性の方が、交差点にて右折中に、赤信号無視の対向車と衝突するという交通事故に遭い、腰椎捻挫などのけがを負いました。
 

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、事故直後は痛みもなく物損事故で済ませましたが、その後、体調が悪くなり通院することになったとのことでした。

 しかし、相手方保険会社より治療費を支払わないと言われたことから、契約していた保険代理店の方に相談のうえ、当事務所をご紹介していただき、治療費の支払を含めた示談交渉についてご依頼をいただきました。

3.当事務所の活動

 
 
まず、病院にて診断書を発行してもらい、警察署に提出して人身事故に切り替えるようにアドバイスしました。保険会社が一括対応するまでにはどうしても時間が少しかかるので、その間は、病院のご厚意で未払いのままにしてもらうか、もしくは依頼者の立て替えになることを伝えました。

 人身事故への切り替えが済んだあと、保険会社に対し、早急に病院への支払いを求め、認めてもらいました。ご相談日から1週間以内に治療費を保険会社に負担して頂くよう手続きを済ますことが出来ました。
 その後、3ヶ月の通院を経て、通院交通費や慰謝料等を請求致しました。
 
 

4.当事務所が関与した結果

 
 結果、既払いを除いて約55万円を獲得できました。

  治療費    自己負担なし
  通院交通費等  約2万円
  傷害慰謝料   53万円(赤い本別表Ⅱ・3ヶ月)
 
   

5.解決のポイント(所感)

 
 相談時に、依頼者の方は、「相手のせいで怪我をしたのに、治療費を支払わないと言われたことに憤りを感じる」、「また、自己加入保険会社と相手方保険会社が同じ会社で信用できない」など、相手方保険会社の担当者の対応に憤りを感じていらっしゃいました。
 今回は、保険会社は1日分の治療費も認めない、との対応でしたが、物損事故処理扱いでも、数日間は、治療費の支払いをしてもらえる場合があります。

 しかし、保険会社は、それ以上の期間の通院については、物損事故のままでは、治療費の支払いを認めないことが多くあります。
 人身事故への切替えは、せめて通院を事故後1週間以内にしておかなければ、警察が切り替えに対応してくれないこともありますし、切替えができたとしても、事故との因果関係を争われることになっていきます。期間が空けば空くほど、裁判でも治療費の支払いが認められるのが難しくなります。

 もし、事故当日は物損事故で処理してしまい、翌日、痛みが出たというような場合は、早めに病院に行き、人身事故への切り替えを行わないと、長期治療が必要になった場合の人的損害(治療費・慰謝料等)の賠償が認められないことになってしまいます。切り替えが出来なかった場合、人身事故入手不能理由書での対応等の方法もありますが、あくまで例外です。

 今回は、ご本人へ急いで診断書を警察署へ提出してもらい、治療費のご負担なく通院することができて良かったと思います。
 
 

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 知人からの紹介で連絡させて頂きました。
 
2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。
 遠方の為、メールでのやりとりが多くなりました。力丸先生には長期に渡り相談させて頂きましたが、メールのレスポンスも早く安心しました。最後お会いしてお礼をお伝えすべき所申し訳ありません。今後のご活躍を祈念しております。


 

お客様アンケート(交通事故)20150122.jpg

こちらをクリック 

     2015.1.22掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら