西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.歯の後遺障害とは

A

 交通事故により歯が欠けたり折れてしまったりすることがあります。

 歯の後遺障害については、歯科補綴を加えた歯の数によって、10級(14歯以上)、11級(10歯以上)、12級(7歯以上)、13級(5歯以上)、14級(3歯以上)に該当することになります。補綴とは、歯の欠損を、義歯、クラウン、ブリッジなどの人工物を用いて修復することをいいます。

 つまり、歯の欠損、補綴により後遺障害に認定されるのは、3本からとなります。

 そして、後遺障害の対象になる歯の欠損というのは、現実に喪失したもの及び見えている部分の4分の3を失ったものに限られます。ですので、歯が3本それぞれ一部欠けて修復したとしても後遺障害として認定されるわけではありません。

 そして、後遺障害の認定基準を文字通り読めば、単に歯が喪失したのみで治療がされていないもしくは終了していない場合には補綴をしていないので、後遺障害が認定されないようにも思えます。

 しかし、喪失、抜歯、歯患部の大部分の切除を含む欠損が確認できれば未補綴であっても補綴した歯として認定するのが通常です。歯が喪失した場合には、補綴する可能性が非常に高いといえるからです。

関連ページ

【解決実績】膝関節の動揺・歯牙欠損の後遺障害で、1,199万円を獲得した事案(12級)

口の後遺障害について

交通事故Q&Aに戻る

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用