西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 弁護士へ交通事故の相談をするにはどのタイミングがいいの?

弁護士へ交通事故の相談をするにはどのタイミングがいいの?

 こんにちは!

 事務局Fです。

 交通事故に遭った際、どのタイミングで弁護士に相談すればいいの?と疑問を感じる方も多いのではないかと思います。

 基本的に弁護士への相談は早ければ早いほどよく、特に高次脳機能障害等、重大な後遺障害が残ってしまっている場合は早めの相談が重要です。

 ただ、ついさっき事故にあったばかり、という場合は、一度医療機関を受診いただいて、少し落ち着いてからご連絡をいただく方がお話はスムーズかなと思います。

お客様からお問い合わせいただくタイミング

 お客様よりお問い合わせいただく際には、

  1. 相手方保険会社より治療の打ち切りをされたが、まだ身体に痛みが残っているため、通院を続けたい。
  2. 相手方保険会社より治療を打ち切ってほしいとの連絡が頻繁にある。治療を終了しないといけないのか。
  3. 治療の打ち切りを言われており、治療を継続できないのであれば、後遺障害等級認定の申請をしたい。
  4. 示談金の提示があったので、示談金額が妥当か知りたい。

等、様々なケースがありますが、比較的①②の時点でのお問い合わせが多いように感じます。

 実際に治療打ち切りの話が出ているが、通院を継続したいとお考えの場合は、保険会社に打ち切りをされる前に弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

 保険会社からの治療費の打ち切り後、そこから治療費の支払いを再開することは難しく、保険会社からは、「治療の必要性が認められれば、示談交渉の際にまとめてお支払いする」とされ、打ち切り後の治療費の支払いを一旦拒否されることが多いです。

 そのため、できましたら保険会社からの治療費打ち切りをされる前の時点でご連絡をください。

 一方、治療を打ち切られてしまったという場合も、最終的に示談交渉の際に、打ち切り後の治療費を保険会社が支払ってくれる場合もございます。

 ただ、治療の必要性が証明されない場合は、お支払いいただけないこともありますので、事前に弁護士にご相談いただければと思います。

 弁護士に相談した方がいいのか迷われた際には、相談料は無料ですので、一度ご連絡いただけると幸いです。

 仮に、弁護士費用特約に加入しておらず、報酬規定により「示談金が提示される前」「示談金が提示された後」でタイミングを悩まれている方も一度ご相談いただき、弁護士介入の適切な時期をアドバイスさせていただくことも可能ですので、迷われた際には是非ご連絡ください。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用