西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害診断書の作成サポートにより半月板損傷等で14級が認められた事例

【被害者】 40代女性 /福岡市在住 / 専業主婦
【傷病名】 左脛骨高原骨折、左膝外側半月板損傷
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【サポート結果】 後遺障害14級認定適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
休業損害 約248万円
傷害慰謝料 約175万円
後遺障害慰謝料 約104万円
逸失利益 約82万円(裁判基準)
最終支払額 455万円(自賠責保険金含む)

膝の後遺障害の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡市在住の40代女性が自転車に乗って中央線のない狭い道路を進行し、信号機のない交差点に差し掛かったところ、交差道路右側から来た自動車が一時停止しました。

 道を譲ってくれたのだと考えて交差点に進入したところ、予期せず自動車も発進して衝突されるという交通事故に遭いました。

 被害者の女性は、衝突された衝撃で自転車ごと左側に転倒し、左膝と頭を地面に強く打ちつけ、救急搬送された病院で、左脛骨高原骨折、左膝外側半月板損傷と診断されました。

 事故から約1年4か月間治療を続けましたが膝の曲げ伸ばしなどの動作に痛みを伴うなどの症状を残したまま症状固定となりました。

 日常生活において、階段の昇り降りや正座をする際などに支障があったため、適切な認定を得るためにサポートいただきたいとのことでお電話にてご相談いただき、後日、書類の返送をいただきご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 ご相談いただいた際、すでに後遺障害の申請の準備が進められておりました。

 ご依頼者様と協議した上、弁護士にて後遺障害申請を代行させていただくことになり、相手方保険会社から必要書類を取り付けました。

 また、後遺障害診断書の記載内容を確認させていただき、自覚症状の不備を修正していただくなどの手続を行いました

当事務所が関与した結果

 当事務所で後遺障害申請させていただいた結果、左膝の痛みと正座ができないことについて、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号という認定を受けることができました。

 ご依頼者様と協議の上、この認定結果に基づいて相手方保険会社との示談交渉を行い、逸失利益については裁判で認められる可能性の高い金額の満額を、慰謝料については裁判基準に近い金額で示談することができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 痛みについて後遺障害等級14級9号が認められるのは、「通常の労務に服することができるが、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」とされています(『労災補償 障害認定必携』)。

 今回のご依頼者様に残った症状は、走れない、スムーズにしゃがめない、正座ができない、膝をついた時に痛みがある、階段の上り下りで膝にズキっとした痛みがある等の症状でしたので、「常時疼痛」があるとまでは言えないものでした。

 しかし、認定基準は「ほとんど常時」であり、ご依頼者の上記症状からしますと日常生活で不可避的に生ずるものと考えられたこと、怪我の内容も高原骨折であり、痛み等の症状が残ってもおかしくないと言えたことから、14級9号を狙って後遺障害申請をしてみる価値はあると考えられました。

 最初に作成された後遺障害診断書では自覚症状の内容に漏れがあったため自覚症状を追記していただく等をした上で当事務所にて後遺障害申請をさせていただいた結果、無事に後遺障害等級14級9号という認定を受けることができ、それに基づいた適正な補償をうけることができ、よかったです。

2020.9.11掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用