西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

事故状況について裁判で当方の主張が認められました

 先日、事故状況及び過失割合について揉めていた交通事故の裁判が終了しました。

 受傷直後にご来所いただいたのですが、事故状況について言い分が異なっており相手保険会社から加害者扱いされている状況でした。


 依頼者から聴取した事故状況としては、片側2車線の道路で依頼者が軽自動車で直進走行していたところ、外側から反対車線へ転回しようとしたトラックに巻き込まれるという事故でした。

 他方、相手保険会社は、トラックが転回のために道路上に停止していたところ、依頼者が運転する軽自動車が追突してきたと主張しており、事故状況について双方の見解が全く異なっていました

 相談時に事故車両の写真を見せていただいたのですが、その損傷状況は追突事故で生じるものとは全く異なっておりました。

 また、実況見分調書を取り寄せて確認したところ、目撃者は依頼者とほとんど同じ説明をしており、事故の相手がウソの説明をしていることが明らかとなりました。

 治療が終了し後遺障害等級の認定を受けた後、示談交渉を行う際に過失割合の交渉もスタートしました。

 しかし、示談交渉でも事故状況に関する主張はくい違っており、慰謝料や逸失利益の金額について適正金額が認められているとは言えませんでしたので、加害者を被告として訴訟を提起することになりました。

 裁判では事故状況を中心に争うことになりました。

 本人から聴取した事故状況を詳細に説明し、実況見分調書や車両損傷写真等の記録からも事故状況は依頼者の主張と合致していること等を詳細に主張した結果、裁判ではこちらが主張するとおりの事故状況であったと認定されました。

 被害者であるにもかかわらず相手保険会社から加害者であるかのような扱いを受け、依頼者は、事故直後から本当に悔しい思いをされていました

 時間はかかりましたが、裁判で依頼者が主張する言い分通りの事故状況であるという認定を受けることができて本当に良かったと思います。

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用