西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 保険会社の主張する過失割合に納得できず、交渉を弁護士に任せたいという事例

保険会社の主張する過失割合に納得できず、交渉を弁護士に任せたいという事例

【相談者】 30代女性 / 福岡県福岡市在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫・腰椎捻挫・両下腿打撲傷
【相談されたいこと】 労災保険について・後遺障害について・過失割合について

むちうちで後遺障害等級認定を受けるポイント

現在の状況

 福岡市在住の私が仕事に向かう途中、信号のない交差点で直進中に、合図なしで右折してきた対向車と衝突するという交通事故に遭ってしまいました。

 車両が双方廃車になるほどの交通事故でした。

 病院で診察を受けたところ、頚椎捻挫・腰椎捻挫・両下腿骨打撲傷と診断されました。

 事故に遭ってから2ヶ月以上経ちましたが、首と腰の痛みがとれません。

ご相談内容

 現在、小学生の息子と二人暮らしで、息子は病気のため入通院を続けています。

 今回の事故で、乗っていた車が廃車になったため、車の買い替え費用や代車代にも費用がかさみ、生活が苦しい状況です。

 そのため、できるだけ早く賠償金を受け取りたいと思っています。

 しかし、相手の保険会社と過失の割合について話が進まず、事故直後は私:相手=30:70と言われていたところを、今は20:80と言われています。

 ですが、相手がウインカーも出さずに右折してきているため、10:90くらいまで過失の割合を下げていただきたいです。

 また、通勤途中の交通事故だったため、労災への切り替えについても教えていただきたいです。

 別の弁護士に依頼していたが、早く解決したいことを友人に相談したところ、以前依頼したことがあると貴事務所を紹介してもらいました。

 お力になっていただければと思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用