西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 自転車対車の交通事故の被害者が、過失割合や補償される慰謝料について相談された事例

事故の影響で仕事ができなくなり、慰謝料とは別に補償されるのか知りたい

【相談者】 福岡市在住 / 20代男性(会社員)
【傷病名】 頚椎捻挫、左拇指MP関節捻挫、左足リスフラン関節捻挫など
【相談されたいこと】 過失割合について・慰謝料の金額について

首の後遺障害の解決事例一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

現在の状況

 福岡市に住んでいる私は、自転車に乗って青信号で交差点の横断歩道を走行していました。

 横断歩道を渡り始める際、左折待ちで停車中の車がいるのは認識していましたが、私が横断を開始した直後、突如としてその車が発進し、衝突されてしまいました。

 私は病院に救急搬送され、左手打撲挫傷、左拇指MP関節捻挫、右股関節捻挫、右膝打撲、右足関節部打撲挫創、左足リスフラン関節捻挫、右足部左挫傷、頚椎捻挫と診断されました。

 体のケガの他にも、私が乗っていた自転車のペダルが割れたり、当時身につけていた服や腕時計等に傷が入るなどしまいました。

 現在、整形外科と整骨院に通院して治療を受けています。

ご相談内容

 今後、相手方と過失について交渉することになると思いますが、私の事故の過失割合がどのようになるかお聞きしたいです。

 また、今後の治療がどうなっていくのかについてもお聞きしたいです。

 さらに、相手方から払われることになる慰謝料について、どれくらいの金額が妥当か分からないので、交渉も全てお願いしたいと考えています。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用