福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

自転車対車の交通事故の被害者が退院後の治療の注意点や後遺障害について相談された事例

被害者 70代/女性/福岡県小郡市在住
傷病名 左第1・2中足骨骨折、左第1楔状骨骨折
相談されたいこと 保険会社への対応について・後遺障害について

現在の状況

相談風景

小郡市に住む私は、自転車に乗っていたところ、私の進行方向右側にある商業施設の駐車場出入り口から車道に出るために歩道に出てきた車に衝突されるという事故に遭いました。

私は、そのまま近くの病院に救急搬送され、左第1・2中足骨骨折、左第1楔状骨骨折と診断されました。

身につけていた衣服もボロボロになってしまい、左肘、左太ももにも傷が残ってしまいました

数日後に骨接合術の手術で足にボルトを入れる予定のため、自宅近くの病院に転院し現在も入院中です。

現在はまだ歩くことが出来ないので車椅子を利用している状況です。

ご相談内容

相手の保険会社から様々な書類依頼等が届いていますが、入院中かつコロナウイルスの関係で家族との面会も自由にできないため細かく確認ができていない状況です。

今後の保険会社の対応等も含めてどうしたらよいか分からず、困っています。

また、退院後も治療のために通院継続しますが、今後の治療等についてどのようなことに注意したらよいか分からないので教えていただきたいです。

加えて、現在歩く事ができず、今後もし後遺症が残ってしまったらと不安に思っています

後遺障害申請について、どういうものなのか、申請から認定までの流れ等を知りたいです。

加害者の保険会社より今回の事故で私にも過失が発生する可能性があると言われました。

私は歩道を直進していて、相手の不注意で衝突されたため、本当に過失が私にもあるのか相談したいです。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用