西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

福岡市在住の60代女性パート社員が高次脳機能障害等で約8,200万円の補償を受けた事案

1.事故発生

 福岡市在住の60代女性が、交差点の横断歩道を自転車で横断しようとしたところ、赤信号を無視してきたトラックと衝突し、外傷性くも膜下出血、脳挫傷等の頭部外傷及び左上腕骨近位端骨折等の怪我を負いました。

2.相談・依頼のきっかけ

 事故から約3ヵ月後、被害者はまだ入院中でしたが、被害者の娘さんが事務所に来所され、主治医からは、高次脳機能障害が残るだろうと言われており、今後どのようにしていけばいいのか分からないということでご相談をお受けしました。

3.当事務所の活動

 当事務所では、以下の3点の活動を主に行いました。

  1. 加害者の刑事裁判への関与
  2. 後遺障害等級認定手続き
  3. 示談交渉

①加害者の刑事裁判への関与

 刑事裁判への被害者参加制度をご説明し、娘さんのご希望を踏まえたうえで、積極的に刑事裁判へ参加することはしないものの、被害者の実情を知ってほしいとのことで、被害者が事故前どのように生活を行っていたか、それが事故によりどのように変わってしまったのか、被害者とその家族の現状を加害者本人に知ってもらうための「心情に関する意見陳述」を行いました。

②後遺障害等級認定手続き

 入院中の被害者の下へ出向き、どのような状態なのかを直接確認するとともに、娘さんからも事故前・事故後の変化を詳細に聞き取りました。

 そのうえで、主治医と面談の機会を設けてもらい、医学的な見解をお伺いしたり、高次脳機能障害の程度を立証する一資料として、いくつかの神経心理学検査もお願いしたりしました。

 神経心理学検査に同席させてもらい、検査結果を言語聴覚士の方とお話しさせて頂いていると、検査中に文字が見えていないような感じがあり、複視の症状があるかもしれないということでした。

 そこで、主治医にお願いして、複視の有無を確かめるヘステストも実施してもらいました。

4.当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、高次脳機能障害として3級左上腕骨骨折後の左肩の機能障害(左肩が挙がらない状態)について12級複視の後遺症も認められ13級の後遺障害の認定がなされました(併合2級)。

 当該認定を前提に相手方と交渉したところ、以下の内容で示談となりました。

主な損害項目

休業損害 270万円
傷害慰謝料  200万円 裁判基準
後遺障害慰謝料  2,370万円 裁判所基準
逸失利益  2,200万円 年齢別平均賃金×平均余命×1/2
介護費用  2,700万円 日額6,000円×平均余命
調整金  500万円 遅延損害金・弁護士費用等

5.弁護士 桑原 淳の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 事故後比較的間もない時期からご相談をお受けしたため、後遺障害の申請から認定、そして示談に至るまで比較的スムーズにいきました。

 また、示談交渉においては、高次脳機能障害として3級という認定ながら、日額6,000円の介護費用が認められたことも大きいと思います(被害者は、無事に退院できましたが、娘さん等の介助なしには単身で生活できない状態でした)。

 さらに、刑事裁判においては、被害者も赤信号で横断した(両者とも赤だった)とされていましたが、今回の示談交渉では、被害者の過失を0とする内容で示談できたことも大きいと思います(被害者も赤信号で横断していたとなれば、通常、被害者に3割程度の過失がとられます)。

 当初は裁判前提で進めることも視野に入れていましたが、最終的に、遅延損害金・弁護士費用の一部として調整金も認められたことから、示談することとなりました。

6.お客様の声

お客様アンケート(交通事故)20150528

2015.5.28掲載

高次脳機能障害を弁護士に相談

関連ページ

交通事故被害者の介護費用・介護施設

高次脳機能障害などの後遺障害が残った場合の将来の介護費用について

後遺障害等級認定サポート(等級認定を受けるまでの手順と注意点)

高次脳機能障害などの重大な事故の被害にあわれた皆様への特別報酬費用減額制度

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら