西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

死亡事故で、裁判をせずに弁護士費用・遅延損害金が認められた例外的な事例

1.事故発生

 福岡市在住の60代の女性(専業主婦)が、自動車で高速道路を走行中、対向車のセンターラインオーバーにより、正面衝突するという交通事故に遭い、救急搬送されたものの、亡くなられました。

2.相談・依頼のきっかけ

 ご遺族が「正当な補償額を知りたい」とのことで相談を受けました。

3.当事務所の活動

 本件事故はセンターラインオーバーの事故で被害者の方が複数いたこともあり、加害者は刑事事件として起訴されました。

 ご遺族としても、気持ちを加害者に伝えたいということで、検察官に対し依頼し、刑事裁判でご遺族の書いた手紙を読み上げてもらいました。

 また、刑事事件の弁護人と民事事件の代理人は同じ弁護士でしたが、早期に慰謝料等について裁判基準での示談で解決を求めてきました。

 刑事事件において被害者と示談しているということは有力な情状事実となることもあってのことかもしれません。

 しかし、遺族としては、本来裁判であれば認められる適正額(慰謝料、逸失利益についての裁判基準であることは当然、遅延損害金、弁護士費用相当額を含めた金額)でなければ示談は難しく、適正な金額を得るためには、裁判も辞さないという強い姿勢であったため、粘り強く交渉を継続しました。

4.当事務所が関与した結果

 その結果、

逸失利益  2,280万円
死亡慰謝料  2,400万円

 その他損害も含め合計額約4,700万円に約300万円の遅延損害金、弁護士費用相当額を上乗せした、合計5,000万円の賠償金を得ることで解決することができました。

5.弁護士 壹岐 晋大の所感(解決のポイント)

弁護士壹岐晋大

 本件で主に連絡を取ることになったご遺族は、ヨーロッパに在住の被害者の長女の方でした。

 打ち合わせをすることが難しい以上、メールでのやり取りになりましたが、頻繁に連絡を取り、当方が妥協する額では和解しない、早期解決という名で納得はしないという強い決意を確認して交渉を続けました。

 その結果、慰謝料、逸失利益について裁判基準通りで解決することができ、長女のご主人も含めたヨーロッパからの往復航空券代等も含め、全ての損害が認められる最大額での解決となりました。

 裁判に至る前に弁護士費用、遅延損害金が認められることは極めて例外的な事案です。

 また、私も弁護士であるため、刑事被告人の代理人としての立場は分からないではありませんが、あくまで交通事故被害者の代理人であるという姿勢で妥協せずに最後まで交渉した結果得られたものであると思います。

6.お客様の声

お客様アンケート

2015.10.16掲載

7.解決後にいただだいたメール(一部抜粋)

 母が亡くなってからすぐにご相談をさせて頂き、これまでの間大変お世話になりました。いつも迅速に対応して頂き、大変感謝しております。

 また、イギリスに戻ってからも柔軟に対応して頂いたお陰で、何も心配すること無く、手続きを進めることが出来ました。

 自分の人生の中で、弁護士さんに何かを依頼する日が来るということを全く想像していなかったので、当初、どの弁護士事務所にお願いをしたら良いのか、随分と悩みました。

 しかし、今回お願いして壹岐様にご担当して頂き、アドバイスを頂きながら示談を進めさせて頂いたことで、無事に終わり安堵しております。

 色々なことが終わっても、母が帰ってこないことは本当に辛いことです。

 今まで、示談に向けて意識を集中させていた分、これからは悲しみや寂しさと耐えていかなければいけないと思っています。

 二度と、このような事故は起きてほしくないと願っていますが、被害者側に立ち、力を尽くして下さった壹岐様のような弁護士の方がいらっしゃらないと、被害者が更に大変な思いをすることもまた事実です。

 今回、加害者や加害者側の関係者と接触すること無く、全ての交渉をお願い出来ただけでも、私達家族の精神的負担は軽くなりました。

 本当に、ありがとうございました。

 本来であれば、直接お会いして御礼をお伝いしたい所ですが、メールになってしまい、大変申し訳ございません。

 福岡はまだまだ蒸し暑い日が続くと思います。

 お忙しい毎日かとは思いますが、どうぞお身体をご自愛の上、お過ごし下さい。

死亡事故のご遺族の方へ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用