西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

バイク事故の被害者が、ご依頼からわずか4ヵ月弱で約1429万円の補償を受けた事例

【相談者】 男性(40代) / 春日市在住 / 職業:会社員
【傷病名】 右母指MP関節側副靭帯損傷、頭部外傷、外傷性頚部症候群
【活動のポイント】 示談交渉・保険会社担当者への密な進捗確認
【後遺障害等級】 10級7号※事前認定
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 約107万円
後遺障害慰謝料 約440万円
逸失利益 約732万円(労働能力喪失期間:16年・労働能力喪失率:14%)
最終支払額 約1429万円(治療費含む)

バイク事故の解決実績一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の春日市在住の男性が、バイクで第2車線を走行中、左側の建物より右折してきた車に衝突される事故に遭われました。

 事故により依頼者は、右母指MP関節側副靭帯損傷、頭部外傷、外傷性頚部症候群、両膝打撲、左股関節打撲等の怪我を負い、約8ヵ月間通院治療を余儀なくされました。

 治療を続けたものの右手親指が曲がらないという後遺症が残存し、後遺障害の申請を行った結果、右母指の機能障害について第10級7号の認定を受けました。

 今後の示談交渉のご相談をされたいとのことで当事務所にご連絡いただきました。

当事務所の活動

 ご相談時、既に後遺障害の認定を受けておりましので、改めて後遺症の内容をお伺いしたところ、基本的には既に認定を受けている10級という認定で問題ないと判断し、ご依頼後すぐに示談交渉を始めることにしました。

 ご依頼から1ヵ月弱で全ての資料がそろい金額の算定ができましたので、相手との示談交渉を開始いたしました。

当事務所が関与した結果

 今回は既に治療が終了し後遺障害の認定を受けられた状態でしたので、示談交渉がメインの活動となりました。

 示談交渉においては相手保険会社に適切な賠償を求めるための各種資料をそろえる必要があります。

 今回は右手親指の可動域制限という後遺症が残存していましたので、この後遺症によってお仕事や日常生活に具体的にどのような支障が生じているのかという点の聞き取りを行い、報告書にまとめて相手保険会社との示談交渉を行いました。

 これにより、裁判を行うことなく、早期に総額約1429万円の適切な賠償を受けることができました。

弁護士向井智絵の所感(解決のポイント)

弁護士向井智絵

 今回はご依頼いただいた時点で既に後遺障害の認定を受けており残すは示談交渉のみ、という状況ですので、当初から早期解決を目指しました。

 適切な金額の賠償を早期に受けることができることは、被害者の方に最もメリットがあることだと思います。

 早期解決できるかどうかは、こちらが準備すべき書類を滞りなく準備する先を見越して交渉方針について依頼者と協議する相手保険会社担当者への進捗確認も滞りなく行うことが大切です。

 こちらがどんなに迅速に進めていても、相手保険会社担当者によっては手続きや検討が後回しにされていることがあり、なかなか進まない場合もあります。

 実は今回も、相手保険会社担当者がそのような性質の担当者だったため、しつこいほど進捗確認を行い、ご依頼者にご迷惑をおかけすることがないように気をつけて取り組みました。

 その結果、ご依頼を受けてから4ヵ月弱で示談額が確定し、適切な賠償金を受領することができました。

お客様の声

お客様の声20190621

2019.6.21掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用