西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

むちうち(後遺障害12級)で、裁判せずに裁判基準の補償を受けた事案

【相談者】女性(40代) / 山口県在住 / 職業:主婦

【傷病名】頚椎捻挫・腰椎捻挫

【後遺障害等級】12級9号

【活動のポイント】示談交渉

【サポート結果】適切な賠償金額獲得

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
休業損害 92万円 157万円 65万円
傷害慰謝料 86万円 148万円 62万円
逸失利益 126万円 383万円 257万円
後遺障害慰謝料 100万円 290万円 190万円
素因減額 35%
賠償額 370万円 500万円 130万円

1.相談・依頼のきっかけ

 山口県下関市在住の当時40代の女性が、赤信号のため停車していたところ、後ろから追突されるという交通事故に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負いました。

 事故から約半年治療し、12級9号の後遺障害等級の認定及び保険会社からの示談金額の提示を受けた段階で、提示された示談金額が妥当であるかどうか知りたいということで、当事務所の顧問先からのご紹介でご来所されました。

2.当事務所の活動

 示談金額の提示書面を確認したところ、傷害部分の休業損害や慰謝料、後遺症部分の逸失利益や慰謝料が、当事務所が採用している裁判基準よりも低い内容となっていました。

 そのため、裁判基準に増額する交渉を行うことを方針としました。

3.当事務所が関与した結果

 傷害部分の休業損害や慰謝料、後遺症部分の逸失利益や慰謝料については、当事務所の主張を認めて頂くことができました。

 しかし、12級の腰椎捻挫の場面でよくされる主張ですが、依頼者の既往症の有無が争点となりました

 依頼者の過去の通院歴では、同部位のヘルニアがあり、医師の意見等も勘案すると、この既往症が今回の事故による腰痛に一切影響していないと主張するのは困難な状況でした。

 そして、最終的に約35%の素因減額となったものの、慰謝料等は裁判基準どおりでの解決ができ、当初の保険会社の提示額より、全体で約129万円の増額となりました。

5.弁護士 壹岐 晋大の所感(解決のポイント)

弁護士 壹岐晋大

 むちうちでの12級の認定というのは極めて珍しく、ヘルニア等の画像所見があっても認められない事例が多いです。

 そのため、むちうちの12級の認定がなされた場合の交渉では、既往症がもともとあったものとして、減額すべきであると主張される事例も多く、裁判例でも減額という判断がなされているものも多くあります。

 この点を考慮して、35%という減額については微妙な割合ではありましたが、一定程度の増額が認められ、早期解決という意味では適正な補償を得ることができたと思います。

5.お客様の声

お客様の声20160603

2016.6.3掲載

関連ページ

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら