西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【被害者】 女性(90代) / 大牟田市在住 / 職業:無職※年金受給者
【傷病名】 左第1肋骨骨折、左坐骨骨折、右鎖骨遠位端骨折、仙骨骨折、右恥骨骨折
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害】 併合12級
【サポート結果】 後遺障害認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 約202万円※裁判基準の9割
後遺障害慰藉料 約261万円※裁判基準の9割
入院雑費 約18万円※裁判基準満額
付添費 約5万円
将来介護費
将来雑費
約73万円※弊所請求の満額
過失 10%
最終金額 約509万円※治療費除く

お客様からのお手紙

お客様よりいただいたお手紙

歩行者の交通事故の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 90代の福岡県大牟田市在住の女性が、横断歩道を青信号で横断中、左側から来た車に衝突されるという事故に遭われました。

 これにより依頼者は、左第1肋骨骨折、左坐骨骨折、右鎖骨遠位端骨折、仙骨骨折、右恥骨骨折の怪我を負われました。

 弊所にご連絡頂いたのは、事故から約5ヶ月が経過した頃でした。

 骨折により可動域が狭くなっていることを心配された依頼者の息子様が、後遺障害の申請についてご相談をされたいとのことで、ご連絡頂きました。

 依頼者は足を痛めていたため、相談自体は来所頂いた息子様と行い、そのまま契約書をお持ち帰り頂きました。

 依頼者の保険に弁護士費用特約はついていなかったものの、相談後すぐご依頼の意思を固めてくださったようで、相談の2日後には契約書のご返送を頂き、そのまま受任の運びとなりました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが、受傷後約5ヵ月が経過したころでした。

 まだ治療が必要な状況でしたので、依頼者には治療に専念頂きました。

 その間弊所は相手方より事故資料の取り付けを行い、経過診断書等からこれまでの治療状況の確認等を行いました。

 また、依頼者対応としまして、依頼者の保険の請求用に弊所が受領している事故証明書や自賠責書式の診断書・診療報酬明細書を送付したり、立替えられている月々発生するリハビリ代や介護費用、雑費代等を相手方へ内払い請求したりと、都度対応させて頂きました。

 事故から8ヶ月が経過しようという頃、症状固定となりましたので、そのまま後遺障害申請手続きに移りました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、自賠責保険において、併合第12級の後遺障害の認定を受けることができましたので、認定結果を前提に示談交渉を行いました。

 自賠責調査事務所から支払われる後遺障害の認定に対する保険金は等級により基準となる保険金が決まっておりますが、今回は依頼者がご高齢の年金受給者ということもあり、保険金の逸失利益部分が減額されており、例え裁判に移行したとしても逸失利益は認められない可能性がある事案でした。

 そこで、相手保険会社に請求をかけるに当たり、これまで内払いの依頼を受けておりました『リハビリ代』や『介護費用』、『雑費代』等の領収書を元に、平均余命までのライプニッツ係数を掛け合わせたものを、将来かかる見込みである『将来治療費及び将来雑費』として、請求を行いました。

 その結果、当初の見立てどおり逸失利益の賠償は得られなかったものの、『将来治療費及び将来雑費』において、弊所請求の満額の賠償を得ることが出来ました。

 その他、裁判に移行した場合には支払われない可能性の高かった付添費の賠償も得られ入院雑費は裁判基準の満額、慰謝料も傷害部分・後遺障害部分ともに裁判基準の9割の賠償を得ることが出来ました。

 裁判になると、訴訟提起してから1年ほどは時間を要する場合が多いのですが、今回は、示談交渉開始から示談成立まで約1ヶ月のスピード解決となりました。

 また、過失・素因減額の面においても、依頼者が青信号で横断中、渡り切る前に信号が変わってしまったという事故状況や、ご高齢で怪我の治りに時間がかかってしまう等の要因も考えられる事案であった為、裁判に移行した場合、大きな過失減額や素因減額の懸念がありました。

 しかしながら、今回10%の過失で収めることが出来たことで、裁判をした場合に想定される金額を大幅に上回る賠償を受けることができた点でも、示談で無事解決となり良かったです。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士江藤

 交渉に際しては、請求を行った『将来治療費及び将来雑費』が満額認められる結果となりました。

 こちらは、実際にかかっている費用を元に、具体的な請求根拠を示せたことが良い回答に繋がったのではないかと思います。

 また、依頼者及びご家族様との信頼関係も業務遂行の手助けとなりました。

 弁護士費用特約に入られていない依頼者の方は弁護士費用が全額負担になることから、ご依頼を躊躇される場合も多いかと思いますが、今回他の法律事務所での相談に納得出来なかったという背景がありながらも、相談時にご家族様からご信頼頂け、相談後すぐにご依頼頂く運びとなりました。

 また、当初相談及び窓口は依頼者の息子様でしたが、一度依頼者本人より弊所にご連絡頂いてからは依頼者から直接ご連絡頂くことが多くなりました。

 弁護士とお話するとなると敷居の高さや緊張を感じられる方も多い為、なにか困ったときに安心してご相談頂けるよう対応に努めました。

 今回ご満足頂ける解決及びご対応が叶い、弊所としても大変嬉しく思います。

 これも、一重に依頼者及びご家族様が弊所を信頼し任せてくださった結果と感謝しております

お客様の声

お客様の声

2020.11.6掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用