西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートで14級が認められ、後遺障害慰謝料を満額で示談した事例

【相談者】 男性(50代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
【傷病名】 外傷性頚部症候群、腰椎捻挫、右肘関節捻挫、左肘関節捻挫、
右膝関節挫傷、左膝関節挫傷、目の網膜剥離等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート、示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号
【サポート結果】 後遺障害認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
休業損害 8万円
逸失利益 47万円
傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 110万円
過失 0%
最終支払額 180万円
弁護士費用 全て弁護士費用特約にて対応のため被害者の費用負担なし

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 50代の福岡市在住の男性が、高速道路にて普通乗用自動車を運転し前の車が左折しようとしたので、停止していると後方より追突されるという事故に遭ってしまいました。

 事故当日に病院に行き診察を受けたところ、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫、右肘関節捻挫、左肘関節捻挫、右膝関節挫傷、左膝関節挫傷、目の網膜剥離等と診断されました。

 事故から約2ヶ月後、今後の後遺障害と示談交渉等について相談をしたいということで、事務所にいらっしゃいました。

当事務所の活動

 まず、これまでの治療経過を把握するため、診断書等の必要書類を取り寄せ、当方にて後遺障害の申請を行いました。

 その結果、頚椎捻挫後の常時、背中、左右肩甲骨、両肩、右腕上部等の強い痛み等の症状について、後遺障害等級14級9号に該当するとの回答を得ました。

 この回答をもとに、相手方と示談交渉をしました。

当事務所が関与した結果

 示談交渉では相手方よりと主に網膜剥離の因果関係、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益について争われました。

 網膜剥離の因果関係については、事故前に症状がなかったことや追突の衝撃で頭部を運転席シートに強打したしたことなどを主張しました。

 その結果、示談においては因果関係を認めるとの回答を得ました。

 慰謝料については、何度か相手方と交渉を継続し、最終的に傷害慰謝料は当方の請求の9.8割、後遺障害慰謝料については当方請求の満額の金額となりました。

 逸失利益については、当方はご依頼者が現在の勤務先に勤められて数年しか経過しておらず、昇給の可能性が高いことから、基礎収入について事故前年の男性学歴計年齢別の平均賃金を用いるべきであると主張を続けておりました。

 しかし、相手方保険会社より事故前年の源泉徴収額を基礎収入とした逸失利益以外の金額は出せないという最終回答がなされ、ご依頼者と今後の方針について協議いたしました。

 当事務所としては、裁判をすればもう少し増額できると考えておりましたので、裁判も視野に入れてご検討いただきました。

 もっとも、裁判を行うとなると解決まで時間を要するため、ご依頼者に選択いただき、最終的には、早期解決の利益を優先し、示談を選択されました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 網膜剥離については事故との因果関係は否定されることが多いですが、依頼者の症状等を丁寧に主張し、示談前提という留保付きではありましたが、認められました。

 逸失利益の基礎収入については、将来において平均賃金程度の収入が得られる蓋然性が立証できれば、裁判においても平均賃金での請求が認められます。

 本件では、会社の昇給システムや勤務実績等を主張し、依頼者が将来において平均賃金を得る蓋然性があると主張しましたが、認められず、残念でしたが、その代わりに、慰謝料については、裁判基準満額での示談ができました。

 なお、弁護士費用については、弁護士費用特約がついておりましたので、ご依頼者様の自己負担無く解決することができました。

2018.10.26掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用