西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 治療の延長が認められ、適切な治療期間を確保し後遺障害14級が認定された事例

治療の延長が認められ、適切な治療期間を確保し後遺障害14級が認定された事例

【相談者】 女性(40代) / 福岡市在住 / 主婦
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 併合14級
【サポート結果】 後遺障害等級認定獲得・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害部分 約260万円
後遺障害部分 約180万円
最終支払額 約440万円(治療費含む)

後遺障害14級の解決実績一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 40代の福岡市在住の女性が、ハザードランプを点け路上に一時停車していたところ、後方からきた車が女性の車の右側をすりぬけた結果、女性の車の右前方部分と普通自動車が接触する事故に遭いました。

 この事故で、女性は頚椎捻挫、腰部捻挫の怪我を負われました。

 事故後は治療のため、通院されていましたが、約6ヵ月経った頃、相手方保険会社から打ち切りの打診がありました。

 まだ痛みがあるため通院を続けたいと保険代理店へ相談したところ、当事務所をご紹介いただき、ご相談に来所されました。

 治療の継続や今後の保険会社との交渉などをお願いしたいとご依頼いただきました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが事故後約6ヵ月が経過し、相手方保険会社から打ち切りの連絡があったタイミングでしたので、受任後すぐに相手方保険会社と交渉し、治療の延長を認めてもらいました。

 その後も再度打ち切りの連絡がありましたが、本人が痛みを訴えていたことから、治療の延長及びMRIの撮影についても相手方と交渉し、再度認めてもらうことができました

 また、当初は、後遺障害の申請は考えていらっしゃいませんでしたが、治療を続けても痛みがなくならないことから、後遺障害の申請をすることにしました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害の等級申請の結果、自賠責保険において、ご本人が訴えていた腰や首の痛みについて、「将来においても回復が困難と見込まれる障害」と捉えられ、第14級9号の後遺障害の認定を受けました。

 その後、認定結果を前提に、相手方保険会社とお怪我についての示談交渉へと移りました。

 後遺障害申請において想定していたとおりの等級の認定を受けることができたことにより、慰謝料等の示談交渉において裁判基準に近い金額の補償を受けることができました。

 傷害部分を先行示談し、その後後遺障害の交渉・示談をしたため、女性にとっては後遺障害の結果を待つことなく、傷害部分の保険金を先に受け取ることができました。

弁護士神田昂一の所感(解決のポイント)

弁護士神田昂一

 依頼者の方は早期の解決を望まれておりました。

 しかし、事故の程度やお怪我の内容等を考えると後遺障害の認定可能性もありましたので、その調整をどう図るかを考えました。

 結果としては、後遺障害の申請を行いつつ、傷害部分の先行示談を行いました。

 後遺障害の認定結果が下りれば追加交渉を行い、下りなければ事件終了とすることで、依頼者の方をお待たせすることなく、解決に至れたと思います。

 また、金額的にも、兼業主婦としての休業損害、逸失利益が考慮され、裁判をすることなく適切な額まで増額できたと思います。

お客様の声

お客様の声20190614

2019.6.14掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用