西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

示談交渉の段階で専業主婦の逸失利益が裁判基準で認められ解決した事例

【相談者】 50代女性 / 福岡県久留米市在住 / 専業主婦
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫、胃炎、嘔吐症等
【活動のポイント】 示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号(事前認定)
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
逸失利益 82万円(裁判基準)
後遺障害慰謝料 100万円
最終支払額 182万円

後遺障害14級の解決実績一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 久留米市在住の50代の女性が信号のある交差点で、赤信号の為停車していたところ、後ろから追突されるという交通事故に遭いました。

 病院で検査を受けたところ、頚椎捻挫、腰椎捻挫、胃炎、嘔吐症、肋骨骨折の疑い、脳出血の疑いがあると診断されました。

 ご相談時はすでに傷害に関する賠償は解決しており、保険会社を通じて後遺障害の申請を行ったところ14級9号に認定されたというところでした。

 弁護士費用特約に加入していたため、後遺障害認定が妥当であるかプロに確認してもらいたいということで、お電話でご相談いただきました。

 後日必要書類をご送付いただいて、後遺障害に関する賠償の交渉等についてご依頼いただくこととなりました。

当事務所の活動

 ご相談時にお持ちいただいた後遺障害認定の結果によると「頚椎捻挫後の疼痛等の症状について、他覚的に神経系統の障害が証明されないものの、将来においても回復が困難と見込まれる障害として14級9号に該当する」とありました。

 この結果の妥当性を調べるため、保険会社から診断書等全ての書類を取り寄せ、検討しました。

 書類を確認したうえで、本人が現在感じている症状や支障が全て書類に反映されているか追加で聞き取りを行い、ご本人とも協議したうえ、後遺障害等級は妥当だという結論に至ったため、異議申立せず、示談交渉を進めていくことになりました。

当事務所が関与した結果

 被害者は専業主婦であったため、実際の収入としての損失は出ていません。

 しかし、今回の事故による怪我の影響で家事労働が難しくなり、家族に手伝ってもらうことが増えたり自分一人で出来ないことが出てきたりと、様々な負担が生じました

 そこで、当方にて詳細な事情を説明し相手保険会社と交渉することで、逸失利益として裁判をした場合に獲得できる金額と同額の82万円の賠償金を示談交渉段階で受け取ることができました。

 最終的には、逸失利益、後遺障害慰謝料いずれにおいても裁判基準のほぼ満額の補償を受けることができました。

弁護士櫻井正弘の所感(解決のポイント)

弁護士櫻井正弘

 交通事故における損害賠償は、症状固定前後で傷害部分と後遺障害部分に分かれます。

 今回は傷害部分の示談が成立していましたので、後遺障害部分のみの交渉でした。

 当初、加害者の保険会社はより低い金額での示談しか困難と主張をしていましたが、適正な金額が賠償されないのであれば裁判も辞さないことを示し、強気の交渉を行った結果、示談交渉の段階で裁判基準の逸失利益が認められるなど、適正な金額が補償されました。

 

お客様の声

お客様の声20190726

2019.7.26掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用