西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

交渉により自費通院分の治療費や主婦の休業損害が補償された事例

概要

【相談者】 30代女性 / 福岡県糟屋郡在住 / 職業:主婦
【傷病名】 頚部捻挫・腰部捻挫
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 併合14級
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 84万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 83万円
休業損害 36万円
最終支払額 230万円(自賠責保険金含む・過失相殺後)

首の後遺障害の解決事例一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県粕屋郡在住の30代の女性が、点滅信号の設置された交差点で黄色点滅側の道路を車で直進中、赤点滅側の道路から停止せずに交差点に進入してきた車に衝突される事故に遭われました。

 女性の車は横転し、病院へ救急搬送され、頚部捻挫・腰部捻挫の怪我と診断されました。

 その後、5か月通院したしたところで、相手方保険会社から治療を打ち切られたため自費で通院されていました。

 保険会社との交渉等、全てご自分で対応されていましたが、示談前に弁護士に依頼することで過失割合の交渉が可能か、どのタイミングで弁護士に依頼すべきかについて当事務所にご相談にいらっしゃいました。

 一旦自分で交渉してみたいとのことで相談当日はそのままお帰りになりましたが、翌日ご連絡があり弁護士費用特約を使ってご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 ご依頼後、まずは自費でしっかりと事故後半年までは通院を続けていただき、その後、後遺障害診断書等の必要な書類作成のサポートを行って、後遺障害申請を行いました。

 申請の際は、事故の衝撃を裏付ける物損資料や、自費通院分のカルテやレントゲン画像等も取り付けて提出しました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、頚部と腰部の症状につき、併合14級という後遺障害が認定されました。

 認定結果を受け、すぐに適切な慰謝料・逸失利益等の損害額の計算を行い、相手方保険会社へ損害賠償請求を行いました。

 相手方の回答は厳しいものでしたが、粘り強く何度も交渉することで、自費通院分の治療費等はもちろん、主婦としての休業損害や裁判基準に近い額で形の慰謝料等を獲得し、合計230万円で示談することができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 相談時点で相手方から治療費については打ち切りの連絡をされていましたが、ご本人が諦めずに自費治療を続けられた結果、後遺障害の認定につながったと思います。

 後遺障害認定されたにもかかわらず、相手方は自費通院分の治療費を認めない、逸失利益の労働能力喪失期間は3年に限定するなど厳しい回答をしてきましたが、何度も交渉することで適正な賠償額を獲得することができました。

 保険会社からの打ち切り後は、不安に思われることも多いと思います。

 治療継続や後遺障害申請など、その後の方針についてお示しできるケースもあるため、まずはご相談いただきたいと思います。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用