西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

弁護士費用特約を利用し、費用の自己負担なく解決した事例

【相談者】 男性(40代) /女性(20代) 福岡市在住
【傷病名】 男性:外傷性頚部症候群等
女性:頚椎捻挫・右肩打撲等
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 裁判を行った際に予測される解決金額を上回る金額で示談

男性

主な損害項目 金額
休業損害 40万円
傷害慰謝料 53万円
合計 93万円

女性

主な損害項目 金額
休業損害 15万円
傷害慰謝料 26万円
合計 41万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡市在住の男性が、奥様を乗せて車を運転中、信号待ちのために停止したところ、2つ後ろの加害車両が追突し、真ん中の車がその衝撃で前に押し出され、追突される玉突き事故に遭いました。

 男性は、事故により、外傷性頚部症候群等の傷害を負い、女性は、頚椎捻挫、右肩打撲等の傷害を負われました。

 事故後、怪我の治療のため整形外科に通院されていました。

 また、男性は今回の事故に遭う前に別件の交通事故にも遭っていたこと、軽微な事故であることから加害者が保険を使わないと主張しており、相手方保険会社より治療費について対応をいただけておりませんでした。

 今後の治療について、保険会社との示談交渉等について相談をしたいということで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

 ご依頼いただいた時点では、まだ身体の痛み等が残っている状態でしたので、まずは治療に専念していただきました。

 その間、当方では、相手方保険会社に一括対応をするように交渉を行いましたが、難しいとの事で、治療費等については、一旦、ご依頼者様の保険に付帯していた人身傷害保険にて対応していただくこととなりました。(一括対応とは、保険会社が窓口となり、通院などの治療費を病院側に直接支払うサービスです。)

 症状固定後は、人身傷害保険を先行し保険金を受け取りました。

 その後、相手方保険会社と交渉し、相手方の任意保険の使用が可能となりましたので、損害額の計算を行い、相手方に対して請求を行うこととなりました。

当事務所が関与した結果

 男性については、休業損害について当方の請求額が満額認められ、争点は傷害慰謝料のみでしたので、慰謝料について交渉を行い、最終的にこちらの請求額の9割の金額で示談することができました。

 女性については、休業損害と傷害慰謝料が争点となりました。

 休業損害について、こちらは主婦であることから全年齢女子平均賃金センサスを用いた金額を請求しておりました。

 また、女性は事故当時、妊娠中でしたので、相手方より一定程度減額する判断がなされる可能性があり、実際の回答も減額された内容でした。

 回答後も複数回の交渉を重ねた結果、最終的に裁判を行った際に予測される解決金額を上回る金額で示談することができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 被害者の男性は、今回の事故の直前に別の事故にも遭っており、第1事故と第2事故との関係にも注意をしながら交渉を進めました。

 特に、第2事故については、第1事故と相まって治療期間が長くなったと主張される可能性がありましたが、交渉の結果、第2事故の事故日を基準に損害を分割し、それぞれの保険会社から賠償金が得られました。

 また、ご依頼者様らは、ご自身の保険に弁護士費用特約が付帯されておりましたので、弁護士費用については保険会社より支払われた為、ご依頼者様らの自己負担なく進めることが出来ました。

お客様の声

お客様アンケート

2018.8.31掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用