西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

保険会社から示談金が提示されたタイミングでご依頼され、約137万円増額した事例

【相談者】 40代男性 / 福岡市在住 / 会社員
【傷病名】 左大腿骨骨幹部骨折、左第10肋骨骨折等
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得

主な項目 提示額 解決額 増加額
傷害慰謝料 122万円 296万円 174万円
休業損害 109万円 121万円 12万円
入院費 15万円 20万円 5万円
交通費 0円 2万円 2万円
総賠償額 397万円 534万円 137万円

足の怪我の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の40代の男性が、バイクで青信号を直進していたところ、同じく青信号の右折してきた自動車と衝突するという交通事故に遭い、左大腿骨骨幹部骨折、左第10肋骨骨折等の怪我を負いました。

 ご依頼いただいた時は、治療が終了し相手方保険会社より示談に関する提示書面が届いているとことでした。

 内容を確認したところ、慰謝料がとても低い金額になっていたり、本来補償されるべき休業補償が一部加算されていなかったり、適切な賠償額とは言いがたい金額となっていました。

 そこで、ご依頼いただき、示談交渉を行うことにしました。

 

当事務所の活動

 加害者側の保険会社より資料を取り付け、裁判になった場合に想定される賠償金額の算定を行いました。

 その後、資料を確認しその上で、相手方との交渉に移り、裁判で想定される賠償金額より多い金額での示談を目指して交渉しました。

当事務所が関与した結果

 交渉の結果、大幅に増額した点は入通院慰謝料です。

 入通院慰謝料は治療期間や入院日数等によって算定方法が決まっています。

 もっとも、慰謝料の算定方法は、相手保険会社独自の算定方法に基づいて算定された金額と弁護士が介入して交渉を行った場合とでは大きくことなることが多くあります

 今回も、本来賠償されるべき慰謝料額のわずか4割強の提示額となってしまっていました。

 当方にて慰謝料の交渉を行い、当初提示額の2倍以上の296万円まで増額することができました。

 また、休業損害についても、休業した期間の一部しか賠償しない内容となっておりましたので、当方にて資料を確認し交渉を行った結果、全ての休業期間について休業補償の賠償を受けることができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士 向井智絵

 治療が終了すると相手保険会社から示談内容についての書面が届きます。

 内容は、相手保険会社が治療費や慰謝料、休業補償等を社内の算定方法に基づき算定したものですが、それが適切な賠償になっていないことは多くあります(ほとんどと言っても過言ではありません)。

 特に、入通院慰謝料については、前述のとおり保険会社が算定した金額と弁護士が算定した金額とでは大きく異なることがあります。

 治療期間が長かったり怪我が重傷であるほどその金額の乖離は大きいといえます。

 弁護士にご依頼いただくことで、入通院慰謝料が増額し、適切な金額の賠償を受けることができますので、相手保険会社から示談内容についての書面が届いた際には、示談される前に是非一度お問い合わせください。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用