西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.費用倒れとはなんですか?

A.

 弁護士に事件を依頼する場合には、弁護士費用がかかってしまいます。

 保険会社との示談交渉を弁護士に依頼したとき、増額の余地があまりないケースですと、弁護士介入による示談金の増額幅よりも弁護士費用の方が高くついてしまう場合があります。

 この場合、経済的な面だけからみれば、弁護士に依頼するメリットがない、ということになります。これを、費用倒れと言います。

例:保険会社から100万円の提示がきているケース

 弁護士に依頼(弁護士費用20万円)

 弁護士による交渉の結果、保険会社の提示額が110万円(+10万円)にアップ

 依頼者が受け取る賠償金=110万円-20万円(弁護士費用)=90万円

 弁護士に頼まなければ100万円が手元に残ったのに、弁護士に依頼して増額が得られても、手元には90万円しか残らず、費用倒れとなってしまっています。

 増額の余地があまりないケースとは、物損のみの場合や、人身事故であっても比較的軽度の怪我の場合などです。

 弁護士に依頼する場合には、このように費用倒れにならないかどうか事前に検討しておく必要があります。

 たくみ法律事務所では、ご依頼頂く前に自前に取得できる賠償金額の見積もりを作成し、費用倒れの可能性があるがどうかをしっかりとご説明しておりますので、安心してご相談いただけます。

 なお、被害者の皆様(ご家族を含む)が加入されている任意保険に弁護士費用特約がついている場合、弁護士費用が無料になる可能性があります。この場合には、費用倒れを懸念する必要がなくなります。

交通事故Q&Aに戻る

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用