西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

福岡の交通事故情報

福岡における交通事故の特徴・傾向

集合写真

 私たち弁護士が長年交通事故問題に取り組んできた中で感じた、福岡における交通事故の特徴・傾向についてご説明したいと思います。

 なお、以下では警察庁及び福岡県警察が作成した2019年度統計を参照しています。

交通事故発生件数

福岡での交通事故発生総数

 福岡県では、他県に比べて交通事故が多く、2019には26,936件の交通事故が発生しています。

 これは、愛知県(30,836件)、東京都(30,467件)、大阪府(30,914件)に次ぐワースト4位の数字です。

 もっとも、予防安全性能が装備された自動車の普及、交通取締の強化などの影響で、交通事故の発生件数自体は減少傾向にあります。

福岡での人身交通事故発生件数

自動車

 福岡県では、2019年に35,077人の交通事故による負傷者が出ています。

 これは、愛知県(37,011件)、大阪府(36,664件)に次ぐワースト3位の数字で、発生率では上位の東京を上回る数値となっています。(東京は34,777件)

福岡での交通事故死者数

 福岡県で2019年に発生した交通事故での死者数は98名です。

 2018年に比べ-38名と大きく減少しており、ここ10年間の全体的な傾向としても減少しています。

 なお、交通事故による死者数でみると、千葉県(172名)、愛知県(156名)、北海道(152名)、兵庫県(138名)、東京都(133名)、神奈川県(132名)、大阪府(130名)、埼玉県(129件)、茨城県(107件)、静岡県(101名)に次いで福岡はワースト11位となっています。

福岡での交通事故の特徴

福岡での道路形状別交通事故発生状況

 福岡では、交差点及びその付近での交通事故の発生が非常に多く、37.1%の交通事故が交差点及びその付近で発生していることになります。

 信号停車中の追突交通事故や、一時停止違反の出会い頭の通事故など、交差点では自動車の進行に変化が多く、交通事故が発生しやすいです。

福岡での交通事故態様

 福岡で発生した交通事故26,936件のうち、10,049件は追突、6,419件は出会い頭の交通事故となっています。

 交通事故の中でも、追突であれば過失の争いはあまりないのですが、出会い頭の交通事故はウインカーや一時停止の有無、信号の色などが過失割合の決定の上で問題となりやすいため、ドライブレコーダーの装着をおすすめしています。

福岡での死亡交通事故態様

 福岡では、車両単独の死亡者が29名と、全体の35.7%を占めています。

 また、特に65歳以上の高齢者の死亡者が多く、福岡では交通事故死亡者のうち56.1%が高齢者となっています。


交通事故事件対応可能地域

福岡県内

福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫郡、糟屋郡、宗像市、古賀市、福津市、糸島市、朝倉市、朝倉郡、北九州市門司区、北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区、中間市、行橋市、豊前市、京都郡、築上郡、八女市、筑後市、八女郡、久留米市、大川市、小郡市、うきは市、三井郡、三潴郡、大牟田市、柳川市、みやま市、直方市、宮若市、鞍手郡、飯塚市、嘉麻市、嘉穂郡、田川市、田川郡など

福岡県外

佐賀県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、山口県など

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用