西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 相談実績>
  • 後遺障害について異議申立をするか悩んでおり、弁護士に相談したいという事例

後遺障害について異議申立をするか悩んでおり、弁護士に相談したいという事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県福岡市在住の私は友人の車に同乗しており、信号待ちの停車中、後ろの車より追突されるという交通事故に遭いました。

 初診時に「頚椎捻挫、頭部打撲傷、腰椎捻挫」と診断されております。また、事故後、4ヵ月経ち、病状が悪化したのでMRIをとったところ、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

 現在も左後頭部から肩甲背部痛や左上肢の鈍痛・しびれ・脱力、腰痛、左股部から下肢後面のしびれという症状が残っており、月に1回整形外科と週に3、4回整骨院へ通っていました。

相談内容

 事故後、通院を7ヵ月続け、症状固定となり、被害者請求を行いましたが、後遺障害は非該当との結果でした。

 まだ痛みが続いているので、異議申立をした方が良いのか悩んでいます。異議申立を行った方が良いのか弁護士の先生とご相談させていただきたいです。また、相手方保険会社との対応もお願いしたいと考えております。

 弁護士費用特約には自分の保険では加入しておりませんでしたが、同乗者の方の車の保険についており、担当者に確認したところ、利用できるとのことでした。

 同乗者の友人がたくみ法律事務所へ依頼をしており、紹介されて貴事務所のことを知りました。ぜひお力になっていただければと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

 ▶後遺障害の異議申立をして解決した事例

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用