西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

死亡事故で保険会社の提示額から2ヵ月で約500万円増額し、適正な賠償金で解決した事例

【相談者】 女性(70代) / 福岡県大牟田市 / 職業:主婦
【傷病名】 死亡
【活動のポイント】 適切な賠償額の獲得
【サポート結果】 わずか2ヵ月で保険会社提示の賠償額より500万円増額

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
死亡慰謝料 1,000万円 1,980万円 980万円
最終支払額 2,050万円 2,550万円 500万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 70代の大牟田市在住の女性が、大牟田市内の交差点で、青信号の横断歩道を歩いて渡っていたところ、正面より右折しようとしていた乗用車に衝突される事故に遭い、亡くなられました。

 保険会社より既に2,050万円での提示がきていたこともあり、遺族の方からは適切な金額で示談をしたいとのご希望で、ご相談・ご依頼を受けました。

当事務所の活動

 受任後、直ちに損害計算を行い、相手方保険会社へと請求をしました。

 しかし、保険会社は裁判基準よりも低い金額での回答を示したため、裁判も視野に入れて交渉を行いました。

 ご遺族が早期での解決を望まれたため、裁判ヘは移行しませんでしたが、数度の交渉を経て、上記の金額の通り、増額をすることが出来ました。

当事務所が関与した結果

 遺族の方が入金を急いでいたこともあり、受任から約2ヶ月で示談となりました。

 結果的に、2ヶ月で保険会社からの提示額より、約500万円の増額をすることが出来ました。

 少々複雑ですが、当初自賠責保険基準額で算定されており、逸失利益は裁判になった場合よりも多額の提示がされていた反面、慰謝料の提示額が低い状態になっていました。

 交渉により慰謝料の増額幅が、逸失利益の減額幅より大きいことが見込めたため、交渉により500万円程度の増額をすることが出来ました。

弁護士 壹岐晋大の所感(解決のポイント)

弁護士壹岐晋大

 適正な補償を受けていただくため、本来であれば裁判に移行したかったのですが、ご遺族には早期解決の意向がありました。

 そのため、裁判への移行はぜず、示談交渉での解決になりました。

 ただ、裁判をする前提での交渉をした結果、500万円増額という適正な補償を得ることが出来たと思います。

お客様の声

お客様アンケート

2018.3.16掲載

死亡事故の御遺族の方へ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用