西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

保険会社との交渉のみで裁判時の認定予想額を上回る金額で示談した事例

【被害者】 男性(50代) / 朝倉郡在住 / 職業:会社員
【傷病名】 左大腿骨骨幹部骨折、左膝蓋骨骨折等
【後遺障害等級】 併合14級
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定、適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
逸失利益 151万円
休業損害 340万円
傷害慰謝料 253万円
後遺障害慰謝料 110万円
過失 15%
合計額額 約270万円

下腿~足の後遺障害の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

 50代の朝倉郡在住の男性が、バイクを運転して点滅信号のある交差点を直進しようとしたところ、交差道路の向かって左側から来た車と衝突して負傷するという事故に遭いました。

 男性側は黄色点滅、相手は赤色点滅でした。

 急に飛び出してきたので、急いでブレーキをかけましたが、間に合いませんでした。

 被害者の方はそのまま救急搬送され、左大腿骨骨幹部骨折、左膝蓋骨骨折と診断されて入院となりました。

 その後、退院して治療を続けられていましたが、過失割合や休業損害、今後の治療等、交通事故損害賠償全般について相談されたいということで来所いただきました。

当事務所の活動

 医療照会で得られた主治医の意見によると、手術から2年程経過した段階で抜釘をすべきとのことでしたので、抜釘までは通院・治療を続けていただき、また、相手方より取り寄せた診断書等を参照しつつ症状経過等を確認させていただきました。

 また、休業によって減収が生じていたため、休業損害の内払請求をし対応していただきました。

 事故から約2年3か月後に症状固定となりました。

 残存症状からすれば後遺障害が認められる可能性が高かったことから、ご本人様に対して、後遺障害診断書を作成してもらう際のポイント等を説明するなどし、当方にて後遺障害の被害者請求を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、左大腿骨骨幹部骨折、左膝蓋骨骨折について、それぞれ局部に神経症状を残すものとして14級9号、これらを合わせて併合14級の後遺障害が認定されました。

 この認定結果を前提に相手方との示談交渉に移りました。

 請求に際しては、事故で負った怪我による精神的苦痛がいかに大きかったか、日常生活でどのような支障があったか等の事情を詳しく説明しました。

 その結果、後遺障害逸失利益や慰謝料は裁判基準の満額、過失割合については本件事故と同様の事故類型における基本の過失割合と同率での回答をもらうことができました。

 当事務所で取り寄せた刑事記録を前提にすると、相手方から提示された過失割合よりもご本人様に不利な内容になる可能性がある等の事情を考慮し、ご本人様にもご検討いただいた結果、裁判は行わずに示談となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 ご本人様としては、黄点滅信号に従って進行していたにもかかわらず、相手方が赤点滅信号で一時停止せずに進入してきたために事故が発生したことから、

 ご本人様に過失が認定されるのが納得できておりませんでした。

 確かに一時停止を無視して交差点に進入するのは道路交通法に違反するものであり、交通の危険を生じさせる危険な行為と言えます。

 しかしながら、裁判等において、本件事故と同様の事故で黄点滅信号を直進した二輪車に過失が認められてしまうケースは少なくありません

 また、過失割合の認定では刑事記録の重要性が高いところ、本件では15:85よりもご本人様に不利な認定をされる可能性もあるものでした。

 そのため、過失に関する主張は行いつつ、慰謝料等を増額させることにより、より適切な賠償に近づけられるよう交渉し、その結果、裁判基準の慰謝料等の回答をもらうことができました。

2020.7.10掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用