西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

ご依頼前には賠償されていなかった専業主婦の休業損害について53万円の賠償を受けた事例

【相談者】 60代女性 / 春日市在住 / 専業主婦
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫
【活動のポイント】 保険会社との交渉
【後遺障害等級】 認定なし
【サポート結果】 主婦としての休業損害認定、適切な賠償額の獲得

主な損害項目 ご依頼前 ご依頼後 増加額
休業損害 0円 53万円 53万円
傷害慰謝料 58万円 71万円 13万円
最終支払額 59万円 126万円 66万円

※最終支払額は通院交通費を含んだ金額

相談・依頼のきっかけ

 春日市在住の60代の女性が赤信号で停車中、後方からきた車両に追突されるという事故に遭いました。

 事故により、被害者の女性は、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負いました。

 ご来所されたのは、治療が終了し、相手方保険会社から示談金の提示書面が届いた頃でした。

 相手方保険会社から出された金額が妥当かどうかを相談したい、ということで当事務所へご相談に来られました。

 相手方保険会社からの提示内容を確認したところ、増額の見込みが高いということで、そのままご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 早期の解決を依頼者が望んでおられましたので、受任直後から損害額の計算をはじめました

 その際、相手方保険会社から事前に提示されていた金額の中で、不足している金額、計上されていない費目について確認し、こちらから請求する金額を確定させました。

 ご依頼いただいたその日のうちに相手方へ請求を行い、示談交渉を開始しました。

当事務所が関与した結果

 当事務所がサポートさせていただく前と比べ、約66万円の増額に成功しました。

 弁護士が介入する前は相手方保険会社の任意保険基準で慰謝料が計算されていたのですが、弁護士が介入することによって、計算の基準を裁判で使用される基準で交渉を進めることができました。

 また、相手方保険会社の提示では休業損害が全く賠償されない内容になっていました。

 被害者は専業主婦であったため、実際の収入としての損失は出ていません。

 しかし、今回の事故による怪我の影響で家事労働が難しくなり家族や自分に負担が生じました

 そこで、当方にて詳細な事情を説明し相手保険会社と交渉することで、休業損害としての53万円の賠償をうけることができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 被害者の希望が早期解決でしたので、受任当日に損害賠償請求を行いました。

 もちろん、家事労働の支障については相談時にしっかり聞き取った上で請求書面に記載しています。

 弁護士が介入すると時間がかかる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、当事務所では、依頼者のご希望に合わせて、裁判をするか等、活動の方針を決定します。

 本件は相談から示談合意まで10日ほどでしたが、裁判するより良い解決となったと思います。

2018.12.14掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用