西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

ご依頼から約1ヵ月で48万円増額し示談した事例

ご依頼から約1ヵ月で48万円増額し示談した事例

【相談者】 30代女性 / 長崎県佐世保市在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、左肩関節捻挫、腰部打撲傷、急性胃炎、うつ状態
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得・スピード解決

主な項目 保険会社提示 解決額 増加額
傷害慰謝料 39万円 100万円 61万円
最終支払額※ 61万円 109万円 48万円

※通院交通費含む

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

首の怪我の解決事例一覧

お客様の声

お客様アンケート

相談・依頼のきっかけ

相談風景

  長崎県佐世保市在住の30代の女性が前の右折車を待つため停車していたところ、脇見運転をした車に後ろから追突され、3台がからむ玉突き事故に遭いました。

 被害者の女性は3台並んだうち、真ん中に位置する場所にいました。

 事故後、病院で頚椎捻挫、右肩関節捻挫、腰部打撲傷、急性胃炎、うつ状態という診断を受けました。

 治療終了後に相手の保険会社から損害賠償額の提示も受けたものの、慰謝料の金額に納得がいかない、相手方の対応が遅い上に対応も良くないので弁護士に依頼されたいということで当事務所へご相談にいらっしゃいました。

 相手方保険会社からの提示内容を確認したところ、弁護士が介入することで増額が見込めるということで、そのままご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 早期の解決を依頼者が望んでいらしたので、受任直後に相手方へ必要な資料の取り寄せを行い、同時並行で損害額の計算をはじめました。

 その際、相手方保険会社から事前に提示されていた金額の中で、不足している金額、計上されていない費目について確認し、こちらから請求する金額を確定させました。

 その後、ご本人が納得された損害賠償額の請求を行い、示談交渉を開始しました。

当事務所が関与した結果

 当事務所がサポートさせていただく前と比べ、約48万円の増額に成功しました。

 弁護士が介入する前は相手方保険会社の任意保険基準で慰謝料が計算されており、総額については自賠責基準での賠償提示だったのですが、弁護士が介入することによって、計算の基準を裁判で使用される基準で交渉を進めることができました。

浅野弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 相談前の相手方保険会社の事前提示では、慰謝料が自賠責基準より低い額で提示されており、結論として自賠責基準での支払提示がなされていました。

 争点は主に慰謝料であったため、相談時に、事故当時の恐怖や相手方本人及び相手方保険会社担当者の不誠実な対応、治療期間中のお仕事への支障等、精神的苦痛について具体的に聞き取り、示談交渉において主張しました。

 その結果、裁判基準のほぼ満額の賠償を獲得することができました。

 慰謝料は損害が目に見えないものであるため、依頼者の精神的な苦痛を具体的に示したことが、今回の増額の結果につながったと思います。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用