西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 顧客満足度96.6%の実績>
  • 20代の男子学生が車で交差点を走行中、歩行者用の信号機から赤を青信号と誤認して侵入してきた加害車両と出会い頭衝突した事例

信号誤認で交差点に進入してきた加害車両と衝突した事例

 このページでは、20代の男子学生が車で交差点を走行中、歩行者用の信号機から、赤を青信号と誤認して侵入してきた加害車両と出会い頭で衝突した事例をご紹介します。

当事務所の活動

 事故により右腕に損傷を受け、尺骨の神経剥離術の治療後も症状が残存し、12級13号の後遺障害等級の認定を受けておりました。さらに、相談時点で保険会社から示談の提示を受けていました。

 しかし、後遺障害の提示額が約314万円と低額だったため、相談・依頼されました。

 若年者の場合、神経症状では基礎収入について、年齢別での大卒平均賃金(20~24歳だと約323万円)しか認められないのが通常です。

 しかし、本件では被害者の後遺障害の部位(右腕)が、将来就労するはずであった仕事(介護職)に多大な影響を及ぼすはずであり、平均賃金以上の基礎収入が認められるべきであるとして、具体的に主張しました。

結果

  示談前 示談後
傷害慰謝料 100万円 219 万円
後遺害慰謝料 93万円 290万円
逸失利益 131万円 723万円

 過失分10%を減額されましたが、既払い金を除き約1,109万円を受領(314万円の提示額から約3.5倍に増加)することで解決しました。

 なお、依頼者は弁護士費用特約が使えないと思われていましたが、同居の母親の弁護士費用特約がないか確認したところ、特約加入があったため、弁護士費用の負担一切無く、獲得額を受領することができました。

お客様の声

お客様アンケート

▶【顧客満足度98.4%の実績】のページヘ戻る

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら