福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【相談者】 女性(30代) / 福岡市在住 / 会社員
【傷病名】 右恥骨上枝骨折、右肩関節捻挫、右股関節捻挫、右膝関節捻挫
【相談されたいこと】 後遺障害申請や保険会社との示談交渉について

現在の状況

相談風景

 福岡県春日市在住の私は、横断歩道のない道路を横断していた際、直進していた自動車に撥ねられるという交通事故に遭いました。

 その場で救急搬送となり、右恥骨上枝骨折、右肩関節捻挫、右股関節捻挫、右膝関節捻挫と診断されました。

 現在はもう退院しましたが、痛みがあるため整形外科へ通い治療を続けています。

相談内容

 事故から3か月程経ちましたが、現在も治療中です。

 通勤中の事故であったため治療費については労災が対応してくださっているのですが、その他について相手方保険会社の対応に納得がいっていません

 対応が遅いことや、過失割合について等事故当初言っていたことと意見が変わっていることに対して不信感があります

 また、ケガについては骨折や捻挫に加え顔に傷が残っているため、傷部分の後遺障害の申請はできるのか等疑問があったので、専門家である弁護士の先生に相談したいと考えました。

 ちょうどそのとき、相談した知り合いにたくみ法律事務所を紹介してもらいました。

 相談の前にたくみ法律事務所がどのような法律事務所なのかスマートフォンで検索してみたところ、様々な事例の交通事故を解決した実績が多いことが分かり、安心しました。

 また、お知らせや記事等が随時更新されているようで、活気のある事務所なのかなという印象を受けました。

 相手方保険会社との交渉が納得のいくものになるようお力を貸していただきたいと思います。

傷痕(醜状痕)の解決実績

2020年8月21日掲載

顔に残った傷について後遺障害12級が認定され、424万円が補償された事例

福岡県柳川市・40代男性・造園業
傷病名顔面挫創、顔面打撲傷、右眼球打撲傷

最終示談金額424万円
後遺障害等級12級14号
2020年8月7日掲載

被害者にも過失があるという保険会社主張を裁判で退け、1619万円が補償された事例

福岡県糸島市・30代男性・会社員
傷病名第2腰椎椎体骨折、歯牙欠損、顔面挫滅創等

最終示談金額1619万円
後遺障害等級併合8級
2020年3月19日掲載

裁判で傷跡についての逸失利益が認められ、合計2,730万円が補償された事例

福岡県飯塚市・10代男性・学生
傷病名左上腕~手部デグロービング損傷、左背部~殿部デコルマン創等

最終示談金額2730万円
後遺障害等級併合11級
2020年1月31日掲載

顔の傷痕で後遺障害12級が認定、示談交渉開始からわずか3日程で解決した事例

福岡市・40代男性・会社員
傷病名左眉下部切創、外傷性頚部捻挫、左大腿打撲傷等

最終示談金額374万円
後遺障害等級12級4号

その他の醜状障害の解決事例はこちら

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用