西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 脳挫傷で70代男性が死亡し、裁判手続きを経ずに約4,000万円の補償を受けた事例

脳挫傷で70代男性が死亡し、裁判手続を経ることなく約4,000万円の補償を受けた事例

1.事故発生

 福岡市在住の70代の男性会社員が、駐車場内を歩行中に車にはねられるという交通事故に遭い、救急搬送されたものの、脳挫傷で亡くなられました。

2.相談・依頼のきっかけ

 四十九日が過ぎた後、加害者が真摯な態度で本件に向き合っておらず、ご遺族が「正当な補償額を知りたい」とのことで相談を受けました。

3.当事務所の活動

加害者の刑事裁判も行われたことから、裁判を傍聴すると共に、刑事記録を添付して、慰謝料増額事由として主張しました。

 任意交渉の段階で慰謝料の増額事由を賠償項目とすることは難しいと考えておりましたが、裁判も視野に入れて交渉をしたところ、数度の交渉を経て、以下のとおり、慰謝料を請求額満額認めてもらうことができました。

4.当事務所が関与した結果

逸失利益  1,200万円
死亡慰謝料  2,700万円(裁判基準2,200万円+増額事由500万円

 その結果、裁判手続き等を経ることなく、葬儀費用等を含めて合計約4,000万円の賠償金を得ることで解決することができました。

5.解決のポイント(所感)

 ご家族としては、加害者の対応・態度に対する部分として、「慰謝料だけは譲れない」という思いがありました。

 満額勝ち取るという強い思いの下、交渉を継続し、慰謝料だけではなく、その他の賠償項目でも裁判基準と同額を勝ち取れたことはよかったと思います。

 刑事記録により、加害者の誠意がないことを証明できたことも効を奏していると思われます。

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 ホームページを見て、信頼できるイメージが強かったので依頼しました。

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 真摯に対応して頂き、連絡や報告も丁寧にして頂きました。

 大変感謝しております。ありがとうございました。

お客様アンケート(交通事故)20130704
こちらをクリック

2013.7.4掲載

死亡事故のご遺族の方へ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用