西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 【解決事例】死亡事案で、相手方主張の過失30%を15%に覆し3,250万円の補償を受けた事案

死亡事案で、相手方主張の過失30%を15%に覆し3,250万円の補償を受けた事案

1.事故発生

 福岡県久留米市在住の50代の女性(アルバイト)が、自転車で道路を横断中に、自動車にはねられるという交通事故に遭い、救急搬送されたものの、亡くなられました。

2.相談・依頼のきっかけ

 ご遺族が「正当な補償額を知りたい」とのことで相談を受けました。

4.当事務所の活動

 当方としては、直ちに損害計算したうえで、相手方保険会社に対し請求しました。

 これに対して、相手方保険会社は、裁判基準より低い回答額しか提示しませんでした。

 そこで、当方としては適正な補償額を求めて訴訟提起することにしました。

 訴訟において相手方は、被害者の前方不注視が著しく、被害者の横断が直前横断であることなどから、過失割合を30%と主張してきました。

 これに対して、刑事記録を具体的に検証し、横断の状況や加害車両の速度、自転車の性能から予想される走行速度、道路の状況等あらゆる観点から、直前横断とはいえないことを主張し、また、むしろ相手方にこそ前方不注視の程度が著しい事を具体的に主張しました。

4.当事務所が関与した結果

 その結果、裁判における和解で、合計約3,250万円の賠償金を得ることで解決することができました。

逸失利益:1,450万円

死亡慰謝料:2,300万円

過失相殺:15%(被害者)

5.解決のポイント(所感)

 本件でのもっとも大きな争点となったのは、前述のとおり過失割合でした。

 被告の30%という相手方の主張はさすがに認められないと思いましたが、それでも過失については総額が大きい分、5%変わるだけで100万円以上の差が生じるため、相手方に対する反論及び当方からの主張に最大限の主張をしました。

 本件では、自動車と横断自転車の衝突事故であり、基本の過失割合は30対70でした。

 しかし、実況見分調書等の状況から、具体的に前方不注視が著しいこと等を主張し、相手方主張の直前横断、被害者の前方不注視の主張を受け入れさせず、15%の修正を認めていただくことができました。

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 初めての事で、インターネットで交通事故案件に強そうな弁護士事務所を探しました。一番安心して任せられそうなWebサイトでした。

 実際に面会してお話させてい頂いた時も好印象で、即決できました。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせ下さい。

 弁護士事務所というのは敷居が高く、固いイメージがあるのですが、気兼ねなく相談できる雰囲気だと思いました。

お客様アンケート(交通事故)
こちらをクリック

2015.2.5掲載

死亡事故のご遺族の方へ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用