西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

TFCC損傷等で後遺障害併合12級が認定され1,024万円の賠償を受けた事例

【相談者】 男性(30代) / 福岡市在住 / 職業:運送業
【傷病名】 左手関節TFCC損傷、左半身打撲、両肩関節捻挫、左膝関節捻挫等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 併合12級
【サポート結果】 併合12級認定獲得、示談成立

主な損害項目 金額
休業損害 442万円
傷害慰謝料 206万円
逸失利益 725万円
後遺障害慰謝料 290万円
最終支払額 1,024万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 30代の福岡市在住の男性が、バイクにて直進中、対向車線を走行していた加害車輌が方向指示器を出さずに急に左折してきたため衝突するという事故に遭いました。

 加害者は運転しながら助手席の同乗者と会話をしており、被害者に全く気が付かなかったそうです。

 被害者は、左半身に痛みがあり、事故当日に病院を受診され、左半身打撲、左手関節TFCC損傷等と診断されました。

 当時、別の弁護士に依頼中でしたが、諸事情により弁護士を変える事となりました。

 今後の相手方保険会社とのやりとりや後遺障害等級申請について1人では対応が難しいとのことで、知人の紹介により当事務所にご相談され、そのままご依頼いただきました。

当事務所の活動

 まず、ご依頼者様より現在の状況について詳細に聞取り、今後の流れを確認いたしました。

 相手方保険会社に対しては、事故からの治療経過を把握するため、診断書等の必要書類を取り寄せ、ご依頼者様には引き続き治療に専念していただきました。

 事故から約2年半経過して症状固定となり、当方にて後遺障害の申請を行いました。

 その結果、左手関節、左肩関節の機能障害、頚部受傷後の強痛、頭痛・吐き気について、後遺障害等級併合12級に該当するとの回答を得ました。

 この回答をもとに、相手方と示談交渉をしました。

当事務所が関与した結果

 示談交渉では、主に休業損害傷害慰謝料後遺障害慰謝料が争点となりました。

 数回の交渉の結果、傷害慰謝料については、当方の請求の9割後遺障害慰謝料については、当方の請求額どおりの金額を認めてもらい、裁判を行った際に得られると予測される金額を上回る金額で請求から約1ヶ月以内での示談をすることができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 TFCC損傷については、画像所見が認められたため、後遺障害認定の可能性が高いと考えておりました。

 そのため、症状固定後に早急に後遺障害申請をし、無事に併合12級という適切な認定を取ることができました。

 また、過失割合については、より被害者に不利になる可能性もありましたが、物損を事前に被害者の有利な過失割合で示談し、人身でも同じ割合で示談することができました

 また、ご依頼者はご自身の自動車保険に弁護士費用特約がついていたので、弁護士費用のご本人様負担なく、弁護士介入により増額した賠償金の全額を受け取っていただくことができました

お客様アンケート

アンケート20180817

2018.8.17掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用