西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

弁護士による交渉で 提示額より114万円増額できた事例

【相談者】 30代女性 / 福岡県在住
【傷病名】 左上腕骨骨幹部骨折、右鎖骨骨折
【活動のポイント】 示談交渉
【後遺障害等級】 14級(事前認定)
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
傷害慰謝料 108万円 180万円 72万円
逸失利益 80万円 117万円 37万円
後遺障害慰謝料 44万円 110万円(裁判基準) 66万円
休業損害 67万円 112万円 45万円
入院雑費 6万1000円 9万7500円 3万6500円
付添費 0円 12万8000円 12万8000円
交通費 2万4000円 9万5000円 7万1000円
過失 10% 10%
最終支払額 186万円 300万円 114万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の30代の女性が、歩行中に加害者の運転する自動車に巻き込まれるという交通事故に遭いました。

 被害者はこの事故で、左上腕骨骨幹部骨折、右鎖骨骨折等の怪我を負われました。

 ご依頼いただいた時は、治療が終了し、相手方保険会社を通じた事前認定により後遺障害14級が認められ、相手方保険会社から示談の提示書面が届いたところでした。

 今後、相手方とのやりとりを任せしたいとのことで、ご依頼いただくこととなりました。

当事務所の活動

 既に後遺障害14級の認定を受けられていましたが、その認定が適切なものかを検討いたしました。

 医療機関へ医療照会を行い、適切な認定であると判断し、裁判になった場合に想定される賠償金額を算定しました。

 その上で、相手方との交渉に移り、裁判で想定される賠償金額より多い金額での示談を目指して交渉しました。

当事務所が関与した結果

 休業損害、慰謝料、逸失利益について、大幅に増額することができました。

 休業損害については、被害者の家族構成や具体的な家事への支障の程度などを主張し、主婦の休業損害が認められました。

 逸失利益については、骨折という他覚的所見のある14級でしたので、労働力喪失期間は長期間に及ぶはずであることを主張し、増額に成功しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 本件は、仮に裁判になった場合には低額の賠償金しか認められない危険性がありました。

 そのため、裁判ではなく保険会社と交渉での解決を目指しました。

 数回の交渉を経て、結果として、仮に裁判をした場合に認められると想定していた金額よりも多い、総額で114万円以上増額して解決することができました。

お客様の声

お客様アンケート20181109

2018.11.9掲載

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用